国語言葉の意味

【慣用句】「首を突っ込む」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「首を突っ込む」について解説する。

端的に言えば首を突っ込むの意味は「興味や関心を持って、そのことに関係する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「首を突っ込む」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「首を突っ込む」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「首を突っ込む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「くびをつっこむ」です。基本的な意味だけでなく、詳しい内容までチェックしていきますよ。

「首を突っ込む」の意味は?

「首を突っ込む」には、次のような意味があります。まずは辞書で正確な意味を把握してから、詳しい意味合いについて見ていきましょう。

1.関心や興味をもって、その事に関係をもつ。また、ある事に深入りする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「首を突っ込む」

ポイントとしては、辞書の意味に「関心や興味をもって」とあるように、人に求められたり促されたりするのではなく、自らが積極的に関わっていくニュアンスがあることです。

また、関わる必要がないのに関わったり、必要以上に深く関わろうとする場合、さらには、専門外であったり望まれないのに関わっていく場合にも使われることがあります。こういったケースでは、ややマイナスイメージの表現になりますね。

「首を突っ込む」の語源は?

次に「首を突っ込む」の語源を確認しておきましょう。

「首を突っ込む」の「首」は、基本は頭と胴をつなぐ頸部を意味しますが、ここでは頭部全体のことを表しています。イメージとしては、何人かが輪になって話をしているところに、人と人の間に頭を突っ込んでいって割って入るというものです。

また、そばで見ているのではなく割り込んでいっていることから、ちょっと関わる程度ではなく「深入りする」という辞書の意味にもつながりますね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810