理科

3分でわかる圧力の計算!水圧・大気圧の違いも!登録者数95万人人気講師がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「圧力」について、登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」の授業をもとに記事にまとめたぞ。

この動画の内容で、中学一年理科の”力”に関する単元は終わりだ。圧力の計算や、水圧・大気圧といった身近な圧力についてしっかりと理解しよう。

ライターのオノヅカユウともに、動画の内容をわかりやすく解説していく。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

この記事の「とある男が授業をしてみた」×「ドラゴン桜」のコラボ記事執筆を担当。自身も大学での研究経験を活かし、現役講師として活動している。

登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」とコラボ!

今回の記事は、人気講師YouTuberの再生回数40万回の授業をもとにまとめています。

ほかにも中学生・高校生向けのわかりやすい授業が多いので、ぜひ見てくださいね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

動画は中学1年生向けの内容だが、さすがとてもわかりやすい内容だ。それでは、「圧力」を深堀りして解説していく。

圧力の基本を学ぼう

圧力(あつりょく)とは、一定の面積にかかる力の大きさをいいます。

くつで雪の上を歩くとズボッと沈んでしまうのに、スキー板をはいて歩くとあまりしずまなくなる、という経験をしたこと…皆さんもあるのではないでしょうか?

くつの裏のように狭い面積に体重がかかった場合と、スキー板の広い面積に体重がかかった場合、同じ面積にかかる力の大きさはくつのほうが大きいんです。

圧力の単位は「Pa(パスカル)」。公式は以下のようになります。

圧力 = 面を垂直におす力(N) / 力がはたらく面積(㎡)

この公式を覚えていないと計算問題が解けません。必ず覚えるようにしましょう!

image by Study-Z編集部

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

それでは、動画内の図を見ながら練習問題を解いてみよう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka