理科

3分でわかる音の伝わり方・仕組みー振幅と大小・振動数と高低を登録者数95万人人気講師がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「音の伝わり方・仕組み」について、登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」の授業をもとに記事にまとめたぞ。

音が伝わるとはどういうことなのか、音の大きさや高さの違いとはなんなのか…みんなは考えたことがあるだろうか?動画を見ながら学習していこう。

ライターのオノヅカユウともに、動画の内容をわかりやすく解説していく。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

この記事の「とある男が授業をしてみた」×「ドラゴン桜」のコラボ記事執筆を担当。自身も大学での研究経験を活かし、現役講師として活動している。

ID: ↑パーツ内本文:75文字

登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」とコラボ!

今回の記事は、人気講師YouTuberの再生回数21万回の授業をもとにまとめています。

ID: ↑パーツ内本文:43文字

また、こちらの動画の内容もふくまれています。ほかにも中学生・高校生向けのわかりやすい授業が多いので、ぜひ見てくださいね。

ID: ↑パーツ内本文:60文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

動画は中学1年生向けの内容だが、さすがとてもわかりやすい内容だ。それでは、「音の伝わり方・仕組み」を深堀りして解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:62文字

音の伝わり方

音の伝わり方

image by Study-Z編集部

音が出ている物体に触ったことはあるでしょうか?たとえば、スピーカーやベル、理科の実験で使われるおんさなど、音が出ている状態でさわると振動していることがわかります。

じつは、”音が伝わる”というのは、空気が振動を波のように伝えているからなのです。音が出ている物体の振動が、空気をふるわせることで、離れた所へ届きます。その振動が私たちの耳に届くと、”音”として感じられるのですね。

耳のなかに振動が届くと、それが鼓膜(こまく)をふるわせます。それを神経で感じ取ることで、私たちは音を聞くことができているのです。

ID: ↑パーツ内本文:279文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

鼓膜や耳の構造については、また別の機会に詳しく学んでいくぞ。

ID: ↑パーツ内本文:30文字

音の伝わり方を理解する実験

音の伝わり方と空気との関係を考える実験を見てみましょう。

ID: ↑パーツ内本文:28文字

空気がないと聞こえない?

まずは、動画内の1のイラストで紹介されている実験です。びんの中にブザーがあります。ブザーが鳴るようにしたまま、このびんの中から空気を抜いていくと、どうなるでしょうか?

空気が抜けるにつれて、ブザーの音はどんどんと小さくなっていきます。さらに空気を抜き続け、真空になるとブザーの音は聞こえなくなるのです。

ID: ↑パーツ内本文:152文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka