南北朝時代室町時代日本史歴史

5分でわかる「後嵯峨天皇」南北朝の原因を作った?歴史オタクがわかりやすく解説

後深草天皇から亀山天皇への譲位

院政を行い、治天の君となった後嵯峨上皇。しかし、ここで後深草天皇に亀山天皇への譲位を促します。後深草天皇も亀山天皇もともに後嵯峨上皇の皇子でしたが、後嵯峨上皇は非常にかわいがっていた弟のほうの亀山天皇を天皇にしたくてしかたなかったのです。それで後深草天皇は渋々亀山天皇へ譲位したのでした。

さらにその後、後嵯峨上皇は亀山天皇の皇太子(次の天皇)を決める際も、後深草上皇の皇子ではなく、亀山天皇の皇子を指名します。

この指名をきっかけに後深草上皇の血統「持明院統」と、亀山天皇の血統「大覚寺統」の対立がはじまりました。しかも、後嵯峨上皇は次の治天の君や、以降の皇位決定をすべて鎌倉幕府に任せるとして崩御してしまったのです。

幕府の決定

そんな大事な決定権をゆだねられた鎌倉幕府だって困りますよね。どちらの血統を天皇としても、絶対にしこりが残ります。

それでひとまず後嵯峨上皇の願いだと思われる亀山天皇の親政のため、亀山天皇からその皇子・後宇多天皇に譲位。亀山天皇の院政が始まります。

けれど、後深草上皇が黙っているわけがありませんよね。不満を積もらせた後深草上皇は、後深草上皇に肩入れする西園寺兼実を時の執権・北条時宗と交渉させて、自分の皇子を後宇多天皇の皇太子にしてしまうのです。そうして、後宇多天皇が退位し、後深草上皇の皇子・伏見天皇が即位すると、今度は後深草上皇が院政を始めたのでした。さらに伏見天皇は自分の皇子を皇太子として、亀山天皇の大覚寺統との確執を決定的にしてしまったのです。

こうして、後深草上皇の血統「持明院統」と、亀山天皇の血統「大覚寺統」による熾烈な皇位継承争いが起こるのでした。

鎌倉幕府の対応「両統迭立」

伏見天皇の皇子が後伏見天皇として即位したのちのこと。後深草上皇が黙っていなかったのと同じように、大覚寺統だってずっと黙っているわけではありません。にわかに大覚寺統の巻き返しが起こり、後伏見天皇の皇太子は後宇多上皇の第一皇子に決まりました。

このようなことが起こったため、伏見上皇の院政は安定しなくなり、鎌倉幕府は治天の君と天皇の交代を朝廷に促したのです。

さて、この交代のとき、はじめて鎌倉幕府は公式な方針として「両統迭立」を掲げました。これは、持明院統と大覚寺統のふたつの血統で一代ずつ交互に天皇の位につくというものです。これを「文保の和談」といいました。以降、鎌倉幕府が滅びるまで「両統迭立」が続きます。

しかし、天皇になれる系統がふたつに分裂したままだったことで、のちに南北朝の争いへと繋がってしまったのでした。

幕府と朝廷の仲を取りながらも南北朝の争いを生んだ天皇

「承久の乱」で不遇な幼少期を過ごした後嵯峨天皇。四条天皇の崩御にともなって天皇として歴史の表舞台に返り咲くことになります。鎌倉幕府に宮将軍を送るなど、乱以降の朝廷と幕府の緊張を緩和する政策を行いました。

しかし、後深草天皇から無理矢理亀山天皇へ譲位させるなどして皇室の分裂を起こし、のちの南北朝時代の大きな争いの火種も作ったのです。

1 2 3 4
Share:
riri_ririco