南北朝時代室町時代日本史歴史

5分でわかる「後嵯峨天皇」南北朝の原因を作った?歴史オタクがわかりやすく解説

頼朝の子孫の断絶

そんな実朝に悲劇が起こったのは1219年。実朝が武士として初めて朝廷から右大臣に任命されたことで、そのお祝いに鶴岡八幡宮に参詣したときのことです。参詣を終えた帰り道で、実朝は前将軍・源頼家の次男・公暁によって暗殺されてしまいました。

公暁は将軍殺しの罪ですぐに幕府によって処刑されます。しかし、殺された実朝に子どもはなく、実は公暁こそが源頼朝の血を引く最後の人間だったのです。その公暁が死んでしまったことで、源頼朝の血は途絶え、源氏の支配はわずか三代かぎりとなったのでした。

よそから将軍を連れてこよう!

image by PIXTA / 22442764

源頼朝の血筋が途絶えたことで、鎌倉幕府には将軍を継げる人間がいなくなってしまいました。ここであわや幕府崩壊となるかと思いきや、時の執権「北条泰時」は頼朝と遠いながらに血縁関係のある摂関家の藤原頼経を連れてきたのです。

当時、藤原頼経はたったの二歳。言葉もまだたどたどしく、赤ちゃんも同然ですから、政治は執権の北条泰時が担うことになりました。北条泰時は、亡き源頼朝の妻「北条政子」の弟です。

後鳥羽上皇の「承久の乱」

将軍が決まり、北条泰時が執権として権勢を振るおうとした矢先のことでした。武士の政権を快く思っていなかった京都の後鳥羽上皇は、幕府の動揺が収まりきらない時期を狙って北条泰時追討の院宣を下します。

さて、突如として天皇家と朝廷の敵となってしまった鎌倉幕府。天皇家という古代から存在する大きな権威に適しされ、謀反人として扱われるのは当時としては非常におそろしいことでした。そのため、鎌倉幕府を裏切って朝廷側に寝返ろうとする御家人も出てきたのです。

このとき、尼将軍と呼ばれていた北条政子が御家人たちを集めて一喝。北条政子の言葉に心打たれた御家人たちは一丸となって朝廷と戦いました。

そうして後鳥羽上皇の院宣で始まった「承久の乱」は二ヶ月もしないうちに鎌倉幕府の勝利に終わったのです。

その後、このようなことが二度とおこらないように、鎌倉幕府は京都の六波羅に朝廷を見張るための「六波羅探題」を設置しました。

後鳥羽上皇とその子たちの末路

「承久の乱」に失敗し、後鳥羽上皇は隠岐島(島根県)へ流罪。後鳥羽上皇の子どもだった土御門(つちみかど)上皇、順徳(じゅんとく)上皇も流罪、孫の仲恭(ちゅうきょう)天皇が廃位となりました。

土御門上皇の子だった邦仁王(のちの後嵯峨天皇)は、母方の親戚の土御門家に引き取られることに。しかし、土御門家の没落で出家も元服もできないという宙ぶらりんな状態にありました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

頼朝とその子供たちの死によって、後鳥羽上皇の「承久の乱」が起こった。しかし、後鳥羽上皇側が負け、幕府は朝廷を見張る「六波羅探題」が設置されたというわけだな。

2.後嵯峨天皇の御代

image by PIXTA / 32340309

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
riri_ririco