日本史

5分でわかる「尊号一件」幕府と朝廷の関係悪化?松平定信と将軍の対立をあおった?歴史オタクがわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ。昔の日本は、天皇を中心とする京都の朝廷と、将軍を中心とする江戸幕府のふたつの政府機関が両立していたんだ。両立といっても、江戸幕府のほうが日本を統治していた。だから、「江戸時代」というんだぞ。だが、朝廷は朝廷で存在するし、彼らもなにもしていなかったわけじゃない。天皇の権威を高めようといろいろ工夫をしていたんだ。その途中の江戸時代後期、幕府と朝廷の間に紛議事件が起こった。それが「尊号一件」だ。
今回は「尊号一件」が起こるに至った背景や、幕府と朝廷の関係について歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は義経をテーマに執筆。大河ドラマや時代ものが好き。今回はその舞台としてよく登場する江戸時代に起こった「尊号一件」について詳しくまとめた。

1.朝廷と幕府の成り立ち

image by PIXTA / 50764163

天皇の誕生と朝廷のはじまり

天皇と公家(貴族)を中心に古代から平安時代までの日本を主導した「朝廷」。そして、鎌倉時代以降、征夷大将軍と武家を中心に日本を統治した「幕府」。まずはこの二者について詳しく解説していきましょう。

現代にまで綿々と続く天皇家のルーツは古代にまでさかのぼります。

初代天皇に即位し、朝廷を開いたのは「神武天皇」です。日本の正史『日本書紀』によるとそれが紀元前660年のこと。時代でいうと、だいたい縄文時代末期から弥生時代早期にあたります。神武天皇以降、代々の天皇は近畿地方を中心に遷都を繰り返しながら日本の統治を行ってきました。

天皇・公家から武士へ

天皇と朝廷の統治という絶対的な政府の仕組みに変化が訪れたのは、平安時代末期のことです。現在の京都に平安京を置いてから約400年間、天皇と公家(貴族)が政治の中枢を握っていました。ところが、1156年に天皇の皇位継承問題と摂関家の内紛が起こります。朝廷の会議だけではとても収集がつかず、ついには武力衝突となり「保元の乱」に発展しました。

その結果、勝利した後白河天皇側についていた武士団の棟梁「平清盛」が天皇の信任を得て脅威の出世を遂げます。さらに四年後の「平治の乱」でも平清盛側が勝ったことで平家に日本の警察権や軍事権が集中、そして、平清盛は武士なのにもかかわらず太政大臣(現在でいう内閣総理大臣)になるという異例中の異例が起こりました。こうして「武士による政治」の基盤ができあがったのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
riri_ririco