理科

3分でわかる凸レンズの作図ー書き方は?焦点距離別にわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「凸レンズの作図」について、登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」の授業をもとに記事にまとめたぞ。

実像や虚像の作図は、コツをつかめばよい得点源になる。学校や塾で使う問題でも練習し、得意分野にしてしまいたいな。

ライターのオノヅカユウともに、動画の内容をわかりやすく解説していく。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

この記事の「とある男が授業をしてみた」×「ドラゴン桜」のコラボ記事執筆を担当。自身も大学での研究経験を活かし、現役講師として活動している。

ID: ↑パーツ内本文:75文字

登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」とコラボ!

今回の記事は、人気講師YouTuberの再生回数21万回の授業をもとにまとめています。ほかにも中学生・高校生向けのわかりやすい授業が多いので、ぜひ見てくださいね。

ID: ↑パーツ内本文:81文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

動画は中学1年生向けの内容だが、さすがとてもわかりやすい内容だ。それでは、「凸レンズの作図」を深堀りして解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:59文字

2種類の像を作図できるようになる

この動画では、凸レンズを通してできる2種類の像…実像(じつぞう)虚像(きょぞう)を作図する方法を勉強します。

「そもそも、実像と虚像ってなに?」というひとは、この動画のシリーズの一つ前のものを見てから、こちらの内容に戻ってくるのがおすすめです。

ID: ↑パーツ内本文:131文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

動画内では5つの練習問題に沿って説明が行われる。学校ですでに習っているやつは、一度自分だけの力で作図ができるかチャレンジしてみよう。

ID: ↑パーツ内本文:66文字

image by Study-Z編集部

ID: ↑パーツ内本文:0文字

問題1.実像を書いてみよう!

はじめの練習問題では、凸レンズの左側、焦点距離の二倍の位置(F’)に物体が置いてあります。このときにできる像を作図してみましょう。

まずは、物体の先端から、凸レンズの軸に平行になるような線をレンズの中心に向かってひきます。

ID: ↑パーツ内本文:112文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka