国語言葉の意味

【慣用句】「味噌をつける」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「味噌をつける」について解説する。

端的に言えば「味噌をつける」の意味は「失敗して面目を潰すこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「味噌をつける」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。
国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「味噌をつける」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「味噌(みそ)をつける」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「味噌をつける」の意味は?

「味噌をつける」には、次のような意味があります。

失敗する。また、失敗して面目を失う。「たった一度の不祥事で業績に―・ける」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「味噌をつける」

この言葉は「失敗する、しくじる、面目を失う」という意味の慣用表現です。味噌がお皿などに「付いて」いたとしたら、あまり綺麗には感じられませんね。マイナスの意味であることは想像しやすいと思います。

ただし、他に「味噌」を使った表現として「そこがミソだ」や「手前味噌ですが~」といった慣用句を聞いたことはないでしょうか。これらは「そこが重要な、得意なところだ」という意味も持ちます。「失敗」とは正反対の意味ですね。

このように、どちらかしか知らないと良い意味と悪い意味を逆に捉えてしまうかもしれません。注意が必要なポイントのため、しっかり押さえてくださいね。

では、どうして「味噌を付ける」では「失敗」の意味で使われているか、次の語源の項でご紹介します。

「味噌をつける」の語源は?

次に「味噌をつける」の語源を確認しておきましょう。この言葉の由来として考えられているものを、以下にご紹介します。

・味噌が火傷や怪我に効くと考えられ、「味噌=悪いところ、失敗につけるもの」と考えられるようになったため。
・職人が火傷したなどの理由で味噌を付けていると、「腕が悪い、失敗した」と考えられたことから。

どちらも味噌が薬の代わりと考えられていたことからの発想だとわかりますが、「薬を付ける=悪いところ」という認識なのですね。

先に述べた「手前味噌」などは、「自分の家で作った味噌を、知り合いにあげる時に謙遜して言った言葉」とも言われています。謙遜しながらも人にあげるわけですから、「美味しいもの」と考えているはずです。味噌自体は、良い効果があるものとして捉えられていたことは間違えないようにしてくださいね。

それにしても味噌を患部につけるなんて、昔の味噌は現代ほど塩分が多くなかったからなのかもしれませんが、想像するとちょっと染みそうですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: