化学理科

5分でわかる「赤錆・黒錆・緑青」色からわかる錆の性質とは?元塾講師がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は異なる色の「錆(さび)」について勉強していこう。

実は錆に種類があることを知っているか?探してみると大きく分けて赤い錆と黒い錆があるはずだ。

この色の違いは何のためか、化学に詳しいライターAyumiと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Ayumi05

ライター/Ayumi

理系出身の元塾講師。わかるから面白い、面白いからもっと知りたくなるのが化学!まずは身近な例を使って楽しみながら考えさせることで、多くの生徒を志望校合格に導いた。

1.錆(さび)はなぜできる?

image by iStockphoto

どんなものに錆が生じるか、考えてみてください。外に出しっぱなしの物干し竿、コンクリートからむき出しの鉄筋、いつからあるのかわからない鉄パイプなど、多くの場合風雨にさらされるような場所にあるものが多いと思いませんか。多くの金属は単体では不安定な構造をしているために別の物質と結びついて安定な構造をとろうとします。このときに使われるのが酸素であり、こうして生じた酸化物が錆の正体です。長期間にわたって放置されている間に金属は酸化し、風雨にさらされることでさらに浸食がすすみます。これによって錆は大きくなっていくのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

しかし金属製品も最初から錆びているってことはないよな?車やステンレス包丁のように長期間使っても錆びにくいものもある。この違いはどこにあるんだ?

もちろんすべての金属が錆びやすいわけではありません。金やプラチナなど、構造が安定しているために酸化しない金属も存在します。また、金属同士を合わせた合金(ごうきん)の形状をとることで表面に皮膜をつくり、錆や腐食から金属を守ることもできるのです。ステンレスはその代表で、鉄にクロム、またはクロムとニッケル両方を含ませることで錆びにくい性質をもちます。この皮膜は通常傷がついても再生するため、長くきれいな状態を保つことができるのです。

例に挙げた物干し竿や車を含めた多くの製品は塗装や錆止めのコーティングをすることで錆から金属を守っているものもあります。しかしついてしまった傷を放置することで錆止めの効果はなくなり、さらに長期間放置することで浸食がすすみ、一度錆びてしまったものに上からコーティングをしても基本的に浸食は止まらないというわけですね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

本来であれば錆びにくいはずの自転車も、倒してできた傷を放置すればそこから錆びつく可能性があるから気を付けような。

2.色からわかる錆の種類

身近で錆びやすい金属といえば鉄でしょう。この鉄に生じる錆には大きく分けて2種類があります。それは赤錆(あかさび)と黒錆(くろさび)です。その名の通り色に違いがあり、性質も異なります。

今回もう1つ解説するのは緑青(ろくしょう)です。これも名前に色が入っていますね。これは青緑色をした錆です。古い10円玉を覆うように塊がついているのを見たことがありませんか。これは銅につく錆なのです。

それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share:
Ayumi05