地学地球理科

プトレマイオスとはどんな人物?その人生を科学館職員が解説

よぉ、桜木建二だ。毎日太陽が昇り沈んでいることはみんな知っているな。これは太陽の周りを地球が自転しながら回っているからだ。この地球が回っているという考え方を「地動説」という。

今では常識の地動説。しかし人々に信じられてきた期間でいえば地球の周りを太陽やほかの天体が回っているという「天動説」の方がずっと長い。そんな天動説をまとめたのがプトレマイオスと言う人物だ。プトレマイオスが天動説をまとめて惑星運動のモデルを作り、それが世間に広まっていった。

今回は天動説をまとめたプトレマイオスについて学んでいく。解説は科学館職員のたかはしふみかだ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

たかはし ふみか

ライター/たかはし ふみか

天文学について勉強中の科学館職員。子供の頃はよくギリシア神話を読んで星座の物語を学んでいた。毎日星占いを確認しつつ、都合のいいことしか信じていない楽天家。

プトレマイオスとは

今回のテーマは「プトレマイオス」です。あまり聞いたことのない名前ですがどんな人物なのでしょうか。

プトレマイオスは天動説をまとめた人物で、古代ローマで活躍した学者です。天文学だけでなく、数学や占星学など幅広い分野で業績を残しました。プトレマイオスが残したものとして「アルマゲスト」が有名です。

プトレマイオスの業績については後程詳しく解説しますね。

ここでおさらい!地動説と天動説

image by PIXTA / 56892171

太陽が昇ったり、星が動くのは地球が動くからなのか天体が動くからなのか…ということを考えるのが「地動説」と「天動説」です。

天動説をまとめたプトレマイオスについて学ぶ前に、地動説と天動説について確認していきましょう。

昔の常識、今の非常識!?天動説

昔の常識、今の非常識!?天動説

image by Study-Z編集部

プトレマイオスが体系化した天動説。コトバンクによると「地球が宇宙の中央に位置して静止し、太陽、月などが地球のまわりを回るという説」とされています。地球が宇宙の中心とされていることで地球中心説と呼ばれることもある理論です。

天動説の元となる考えが生まれたのは紀元前4世紀頃のことで、エウドクソスという人物によって考えられました。エウドクソスは古代ギリシアの数学・天文学者でエジプトやアテナで暮らしていたそうです。エウドクソスは天動説を唱えた他、円錐の体積の求め方を証明しました。

その後、アリストテレス(紀元前384年~322年)が世界の中心に地球があり、その外側を月や水星が同心円状に存在しているという宇宙論を論じています。

アリストテレスについて知りたい人はこちらの記事も読んでみてくださいね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

西洋最大の哲学者のひとり、アリストテレス。「万学の祖」とも呼ばれている偉大な古代ギリシアの哲学者だぞ。

次のページを読む
1 2
Share:
たかはし ふみか