理科生物学

だ液の役割とは?消化酵素「アミラーゼ」について科学館職員が解説

よぉ、桜木建二だ。今回のテーマは消化に欠かせない酵素のひとつ「アミラーゼ」だ。食べ物は体内でどんどん消化されていく。消化するときに使われる生体触媒のことを酵素という。この酵素にはいろいろな種類があるが、だ液に含まれていてデンプンを消化するのがアミラーゼだ。

デンプンでとろみをつけたあんかけチャーハンや焼きそば。おいしいが食べていてだんだんとあんが緩くなっていったことはないか?それは食べてる途中に箸などからだ液のアミラーゼがあんに混ざり、デンプンをマルトースに分解してしまうからだ。

今回はアミラーゼの役割、そしてその他の酵素についてを勉強するぞ。解説は科学館職員のたかはしふみかだ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

たかはし ふみか

ライター/たかはし ふみか

高校生の頃は化学部で研究にはげんでいた工学部化学科出身の科学館職員。理科教育に興味があり、家庭教師のバイトをしていた。

アミラーゼとは?酵素について

アミラーゼとは?酵素について

image by Study-Z編集部

アミラーゼとはジアスターゼとも呼ばれる消化酵素のことです。アミラーゼはグルコース(ブドウ糖)がたくさん連なった多糖類であるデンプンを、グルコースふたつがつながったマルトースに加水分解します。加水分解とは水が加わって起こる分解反応のことです。アミラーゼは口の中で分泌されるだ液や、膵臓から分泌される膵液に含まれています。

image by PIXTA / 64094134

人が食べる食物は大きく糖類、タンパク質、脂質の3つに分類することができます。口から入った食物は胃、小腸と進み消化器官から分泌される消化液によってどんどん消化されていくのです。そして消化された食物は栄養素として体内にどんどん吸収され、体調を整えます。

消化と吸収についてはこちらの記事で確認してください。

消化液には消化酵素が含まれているものとそうでないものがあります。アミラーゼは酵素なので、だ液は消化酵素を含む消化液となりますね。消化酵素を含む消化液には他に胃液、膵液が、消化酵素を含まないものとして胆汁があります。

消化酵素とは体内で起こる化学反応において触媒の役割を果たすタンパク質(酵素)のうち、消化を促進するために使われる物質のことです。消化酵素ははさみのように糖やたんぱく質を切断し、より小さく吸収しやすい状態にしていきます。

酵素についてはこちらの記事を参考にしてくださいね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
たかはし ふみか