理科生物細胞・生殖・遺伝

メンデルの法則の1つ、「分離の法則」とは何か?医学部研究室の実験助手が5分でわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。突然だが、君はメンデルの法則を3つとも全て答えられるだろうか?1つ目が優性の法則、2つ目が独立の法則、そして3つ目が今回のテーマである分離の法則だ。
この分離の法則のおかげで君はお父さんとお母さん、2人の特徴を半々ずつ受け継ぐことができているんだ。では分離の法則とは一体どのような法則なんだろうか?

今回は生物に詳しいライターオリビンと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/オリビン

理系大学院を卒業した後、医学部のバイオ系研究室で実験助手をしている。毎日DNAの解析を行い、遺伝による疾患を見つけるための実験をしているため、遺伝の法則については熟知している。

遺伝とは

image by iStockphoto

分離の法則について解説する前に、遺伝についてお話します。遺伝という用語は理科で習っているはずですので、聞いたことのある人も多いでしょう。念の為このキーワードについて説明すると、遺伝とは生殖によって親の特徴が子へ受け継がれることです。親の特徴といっても顔立ちや手足の長さなどは受け継がれますが、記憶や知識は受け継がれません。顔立ちの特徴のように、遺伝によって受け継がれる特徴のことを形質や遺伝形質と言います。

1857年にメンデルが遺伝の法則を発見してから約150年で、実に多くの人々が遺伝について理解し、生活に活用するようになりました。その中の一つがペットの品種改良です。より美しかったり、日本の環境につよい品種を作るためには遺伝の法則について理解する必要があるため、沢山の人が遺伝について勉強するようになってきました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

遺伝する情報を含んでいるDNAの配列を遺伝子、遺伝子が収納されているのが染色体だったな。中学校の教科書にも書いてあるのでチェックしてみよう!

メンデルの法則

メンデルの法則

image by Study-Z編集部

遺伝といえば必ずと行っていいほど耳にする法則がメンデルの法則ですね。メンデルより前にも親の形質は遺伝によって子に伝わるんじゃないかと疑問に思った研究者はたくさんいました。しかし、メンデルは執念深く研究方法にこだわり、隙きのない遺伝実験を行ったため遺伝の法則性を見つかることができたのです。メンデルといえばエンドウマメを使った実験が有名ですよね。他の研究者は雑種のエンドウマメを交配していたため、はっきりとした法則性は見いだせませんでしたが、メンデルはまずそれぞれの形質の純系を作ることで実験を成功させました。この実験で明らかになったのがメンデルの法則です。しかし、メンデルの法則が発見されてすぐは学会で注目されていませんでした。その後の研究で、メンデルの法則は細胞分裂や遺伝子の構造とも矛盾がないことが確認され、研究者たちの間に一気に広がりました。

メンデルの法則は優性の法則、独立の法則、分離の法則の3つから成り立っています。では一つずつ解説していきますね。

優性(顕性)の法則

image by iStockphoto

親から子へ遺伝によって受け継がれる特徴は形質と呼ばれますが、その形質には子に表れやすいものと表れにくいものがあります。両親からそれぞれ表れやすい形質(優性)と表れにくい形質(劣性)を1つずつ受け継いだ時、子には表れやすい方の形質が表れるのです。これを優性の法則と呼びます。ちなみに子に表れた形質を表現型と言うんですよ。遺伝子は染色体上にありますが、染色体の中の遺伝情報が存在する部分にある遺伝子は、両親それぞれから受け継がれるため、片方の染色体には母親由来の遺伝子、もう片方の染色体には父親由来の遺伝子が存在することになります。このとき、異なる遺伝子情報を持っているけれど染色体上の位置が同じ遺伝子が対立遺伝子です。

優性、劣性というような表現をするとどちらかが優れていてどちらかが劣っているという印象を抱く場合があるため2017年から優性は顕性、劣性は潜性という表現へ変わりました。

次のページを読む
1 2
Share: