国語言葉の意味

【慣用句】「目がくらむ」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

「惚れ惚れ」

「惚れ惚れ」は「ほれぼれ」と読みます。「目がくらむような美女」と出会ったら、きっと「惚れ惚れ」してしまうのではないでしょうか。「惚れ惚れ」には、2つの意味があります。1つ目は、心を奪われてうっとりすること。好意を寄せている相手を遠くから眺めている状況を想像するとよいでしょう。2つ目は、ぼんやりしていること。すなわち「放心状態」だと考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

「惚れ惚れ」は人物に対してだけでなく、お気に入りの物に対しても使うことができます。時間を忘れてしまうほど、うっとりと眺めてしまう人物や物に対して「惚れ惚れ」を使ってみてください。

ID: ↑パーツ内本文:278文字

「目がくらむ」の対義語は?

「目がくらむ」は「めまいがする」や「判断力がなくなる」という意味でした。反対の意味となると、「決断力が鈍らず動じない」となるはずです。そこで今回は、「常に落ち着ている」や「問題にしない」といった意味合いで「目がくらむ」の対義語をみていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:123文字

「泰然自若」

「泰然自若」は「たいぜんじじゃく」と読みます。意味は、ゆったりと落ち着ており、どのような物事に対しても動じないこと。「泰然自若」は、「泰然」と「自若」という2つの言葉で構成された四字熟語で、どちらも落ち着いた様子を表す言葉になります。目がくらむような物と出会えば、本来は興奮して購入を考えてしまいますよね。しかし、泰然自若とした態度をとるような人は、感情を表には出しません。何事に対しても、平常心で判断することができるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:214文字

「歯牙にも掛けない」

「歯牙(しが)にもかけない」の意味は、問題にせず無視すること。「歯牙」とは文字通り、「歯」と「牙」のことを差しています。「歯牙」が転じて、「言葉」や「口先」という意味として使われるようになりました。主に、問題にするような話題でない場合に用いられています。たとえば、彼が「目がくらむような美女」のことで、熱心に話していたとしましょう。しかし、友人は彼の言うことなど歯牙にもかけない様子。つまり、話題に興味がないということになりますね。

ID: ↑パーツ内本文:216文字

「目がくらむ」の英訳は?

image by iStockphoto

では、「目がくらむ」を英訳すると、どのような表現があるのでしょうか。

ID: ↑パーツ内本文:34文字

「dizzy」

目がくらむ」や「目が回る」といった体の症状は「dizzy」を使うとよいでしょう。主に、頭がクラクラするような感覚を伝えるために用いられます。たとえば「I feel dizzy」といえば「私は頭がクラクラする」となり「目がくらむ」として使うことができるでしょう。ほかにも、目がくらむような場所のこと「a dizzy height」と表現してもいいですね。

ID: ↑パーツ内本文:177文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: