化学理科生活と物質

5分でわかる合成甘味料!成分は?安全性に問題はないの?理系学生ライターがわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

プラスチックが石油から作られているとは驚きだ。

ID: ↑パーツ内本文:23文字

ブタンジエンゴム

image by iStockphoto

ブタンジエンゴムは、ナフサを分解したときに生じるブタンジエンを重合させて作られたゴムです。ブタンジエンゴムは耐久性に優れています。このような理由で、接着剤や車のタイヤなどの材料になっていますよ

実際は、使用する環境に合わせて、ブタンジエンゴムの化学的構造を少し変えることで、さらなる耐久性を確保します。例えば、接着剤に使用される場合は、塩素原子を混ぜ込んだクロロブレンゴムを使用するのです。そして、車のタイヤに使用されるゴムは、ベンゼン環を含むスチレンを混ぜ込んだスチレンブタンジエンゴムです。

ID: ↑パーツ内本文:249文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

タイヤのゴムも石油製品の1つだ。

ID: ↑パーツ内本文:16文字

アスファルト

image by iStockphoto

最後に、アスファルトについて解説していきます。アスファルトは、原油を精製する際に生じる残油から重油成分を取り除いたものです。つまり、原油の中に含まれる最も重い物質ということになります。一言で言えば、原油に含まれるゴミのようなものです。

ですが、アスファルトにも立派な活用法があります私たちが使っている道路の舗装に、アスファルトが使用されていますよね。道路が舗装されているおかげで、私たちは快適なドライブを楽しむことができます。

ID: ↑パーツ内本文:215文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

原油に含まれるゴミも、アスファルトとして有効活用しているぞ。

ID: ↑パーツ内本文:30文字

多分野で活躍する石油製品

この記事で紹介したように、原油を精製および分解すると様々な物質を取り出すことができます。そして、これらの物質は燃料、合成樹脂・繊維、ゴム、アスファルトの原料になるのです。ビニール袋、プラスチックケース、スポンジなどの日用品はすべて石油製品ということになりますよね。また、自動車の燃料や道路の舗装にも石油製品が使われ、原油は交通も支えていると言えます。

ぜひ、この機会に私たちの生活を支えている石油製品が、どのようにして作られているのかということを学んでみてください。身の回りに石油製品があふれかえっていることが再確認できるはずです。

ID: ↑パーツ内本文:267文字
1 2 3
Share:
pen_teppo