国語言葉の意味

【慣用句】「眉に唾をつける」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「眉に唾をつける」について解説する。

端的に言えば「眉に唾をつける」の意味は「怪しいと疑うこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「眉に唾をつける」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。
国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「眉に唾をつける」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「眉に唾をつける」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「眉に唾をつける」の意味は?

「眉に唾をつける」には、次のような意味があります。

〔眉に唾をつけておくと狐きつねや狸たぬきに化かされないという俗信から〕
だまされないように用心する。眉唾まゆつば。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「眉に唾をつける」

この言葉は「欺かれたり、だまされたりしないように用心をする」という意味の慣用表現です。

他の言い方として「眉に唾を塗る」や、短くして「眉唾」と言うこともあります。「そんなうまい話は眉唾物(まゆつばもの)だよ」と言うのを聞いたことはないでしょうか。これらはどれも言い方を変えただけのもの。一緒に覚えてしまいましょう。

怪しいことや疑わしいことに対して使う言葉のため、騙されないように気を付けるという意思表示の他、「その物事を疑っている」ということを表現するのにも使うことができます。例文の項で使い方を確認してみてくださいね。

「眉に唾をつける」の語源は?

次に「眉に唾をつける」の語源を確認しておきましょう。この言葉は、キツネやタヌキに化かされないように、唾を眉につけるとそれを防ぐことができると考えられていたことが由来となっています。

なんでもキツネやタヌキが人を化かす際、彼らは人間の眉の本数を数えることで心を読むと考えられていたそう。そこで「眉に唾」をすると、眉が濡れてくっつき、正しい本数が数えられなくなるため、防ぐことができるのです。

いかにも俗信で面白い話ですが、現代でも「けがをした時に唾をつけておけば治る」などと言ったりもしますね。唾液に殺菌作用があることからも、唾を付けることで何か悪いものを退けるという考えが大本にあったとも考えられます。

眉に唾をチョンチョンと付けるだけですから、おまじないや験担ぎとして行いやすかったのも、定着した理由なのかもしれませんね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: