理科

3分でわかる「入射角」「反射角」「反射」の意味や違い!登録者数95万人人気講師がわかりやすく解説

この記事では「入射角・反射角・反射」について、登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」の授業をもとに記事にまとめたぞ。

理科のテストではこの単元の内容で、作図が必要な問題がよく出てくる。「光が鏡にあたるとどのように反射するのか」「物体がどこに見えるのか」などが鉄板の問題です。実際にいくつかの問題を通して学習を深めていこう。

ライターのオノヅカユウともに、動画の内容をわかりやすく解説していく。

ライター/小野塚ユウ

この記事の「とある男が授業をしてみた」×「ドラゴン桜」のコラボ記事執筆を担当。自身も大学での研究経験を活かし、現役講師として活動している。

登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」とコラボ!

今回の記事は、人気講師YouTuberの再生回数40万回の授業をもとにまとめています。ほかにも中学生・高校生向けのわかりやすい授業が多いので、ぜひ見てくださいね。

光の勉強では”図”が重要”

今回ご紹介する動画の内容は、光の反射角や入射角についてまとめたものです。光についての学習分野の中でも特に大切なところですが、ここの勉強ではが重要な役割を果たします。

光の道筋を図にできるよう、自分自身でも作図を試してみてください。まだ内容がよくわからない、という人は最初に動画内のイラストに着目しながら、勉強していきましょう。

Aの図-光源装置から鏡に向かって光が当たっている

Aの図-光源装置から鏡に向かって光が当たっている

image by Study-Z編集部

まずは、ホワイトボードにかかれているAの図を見ましょう。

Aの図は、光源装置から鏡に向かって光が当たっている図です。光は矢印(赤い→)で書かれています。

\次のページで「入射角・反射角とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: