物理理科電磁気学・光学・天文学

3分で簡単「ファラデーの電気分解の法則」電気分解とは?実用例は?理系大学院卒ライターがわかりやすく解説

廃液処理

電気分解の応用の1つに廃液処理があります。電気分解を用いると廃液中に溶解している陽イオンと陰イオンを分離できるからです。例えば、廃液に電気分解をおこなうと、陽極では陰イオンである硫酸イオンや塩化物イオンの発生し、陰極では陽イオンである銅イオンや鉄イオンが析出します。電気分解は、廃液の酸性物質や重金属の回収により、自然環境の保全にも貢献できる重要な現象です。

金属の電解精錬

電気分解の応用に電解精錬があります。鉱石などから純度の高い銅や亜鉛を精錬する手法です。これは、電極の陽極に粗銅、陰極な純銅、電解液に硫酸銅水溶液を使用します。注目する点は、陽極(酸化反応側)に純度の低い金属を用いることです。陽極側で銅イオンや不純物がイオン化され陰極で純度の高い金属を得る仕組みになります。

電気分解は現代社会を支える代表的な技術

電気分解は、現代社会を支える重要技術です。あなたが使用しているスマートフォンにも電気分解の技術は使用されています。言い換えれば、この技術がなければスマートフォンはありません。またた、ここまで半導体産業が進歩していたかもわかりません。
このように、電気分解という現象のみにとらわれるのではなく、社会にもたらす意味や意義も理解するしていきましょう。

1 2 3
Share: