理科環境と生物の反応生物

5分でわかる「コンタミネーション」コンタミネーションとは?医学系研究アシスタントが解説

よぉ、桜木建二だ。コンタミネーションとは、よく食品加工、石油燃料、バイオ実験で使われる言葉だ。英語でcontaminationであり、日本語訳すると「汚染」であるが、一般的な「汚染」とは意味が異なる。実験例を通してこのことについて、医学系研究所のアシスタントである、生物に詳しいライターmimosa(ミモザ)と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
mimosa0708

ライター/mimosa

もともと文系出身で、独学で生物学、生化学を勉強し、現在医学系研究所の研究アシスタントとして理系の世界へ飛び込んだ。理科が苦手な方へも興味を持ってもらうべくわかりやすい説明を心掛けている。

ID: ↑パーツ内本文:93文字

コンタミネーションとは?

image by iStockphoto

コンタミネーションとは、冒頭でも説明したように、「汚染」という意味で、よく略して「コンタミ」と言いますよ。「実験汚染」「実験室汚染」「試料汚染」の意味を持ちます。さらにコトバンクでの意味は、「化学物質などによる汚染科学実験における雑菌や異物の混入食品加工におけるアレルギー物質の混入などをいう。」とあります。単体では危害のないものでも、時として重篤な事故を引き起こすことがあるのですよ。具体的にどのようなコンタミすることによる危険性があるのか以下、説明していきますね。

ID: ↑パーツ内本文:236文字

食品製造過程でのコンタミ

image by iStockphoto

食物アレルギーがある方はいつも気にされているかと思いますが、食品や料理へのアレルゲン物質混入。工場などで食品を生産する際に、原材料としては使っていないが、アレルゲンとなりうる特定原材料などが意図せず混入することを指します。製造ラインを共有することや調理段階でコンタミが発生するかもしれません。

また、飲食店でのコンタミネーションに関しては、加工食品よりも危険性が高く、実際に事故の報告もあげられていますので、また別の問題ととらえて頂いた方がいいでしょう。調理に使用する調味料の原料、成分にも十分に注意を払う必要があります。

ID: ↑パーツ内本文:262文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

加工食品のアレルギー表示対象品目で、えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生の7品目は表示の義務があるぞ。表示の義務はないが表示の推奨がなされているのが、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、 牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチンだぞ。

ID: ↑パーツ内本文:162文字

石油系燃料でのコンタミ

image by iStockphoto

私たちが身近に使用する灯油、ガソリンなどの石油系燃料はガソリンスタンドで購入することが出来ます。ガソリンスタンドで扱っているのは、ガソリン、軽油、灯油です。これらはもともとは石油で、石油の原油を蒸留してつくられています。蒸留によって沸点温度が違う成分ごとに分離されますよ。気化しやすい順番に、LPガスガソリン灯油軽油重油に分けられますよ。

それぞれ成分が違いますので、指定された燃料を入れないと機械や車の故障の原因になりますよ。セルフスタンドの事故でよく聞かれるのが、間違って軽自動車に軽油を入れてしまったというものです。軽油は別名ディーゼル燃料とも呼ばれ、ディーゼルエンジンの燃料として使用されます。決して軽油は軽自動車に使用するための燃料という意味ではありません。

ID: ↑パーツ内本文:339文字

バイオ実験においてのコンタミ

image by iStockphoto

バイオサイエンスの進歩は、医療の発展や環境問題の解決などに役立ちます。これらに貢献するために新しい技術開発は、研究データの蓄積が要になりますよ。そのデータが誤った結果のデータだとしたら大変なことになりますね。バイオ実験でのコンタミは、容器や飼料の中に誤って本来存在していないはずの物質(菌、細胞、核酸、酵素など)が混入することを指しますよ。

ID: ↑パーツ内本文:170文字
次のページを読む
1 2
Share:
mimosa0708