国語言葉の意味

【慣用句】「弁が立つ」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

「能弁」

「能弁(のうべん)」とは、話し方が上手で、よくしゃべること。弁舌が巧みな人に対しても「能弁な人」と表現することがあります。「弁舌」とは、ものの言い方のこと。「弁舌をふるう」とよく使われていますが、端的にいえば「話上手」のことだと思ってください。「能弁な人」は、おしゃべりなだけでなく、話し方が上手な人を差します。その場の空気を明るくしてくれるような人に対して「能弁」を使うとよいでしょう

「弁が立つ」の対義語は?

では、次に「弁が立つ」の対義語をみていきましょう。

「口下手」

「口上手」の対義語は「口下手」になります。意味は、ものの言い方が上手くなく、思っていることを上手に言えないこと。その場の空気に合わせて、自分の思いを言葉にするというのは意外と難しいものです。しかし、言葉にしてもらわなければ、相手に誤解されてしまうかもしれません。「口下手で困っている」というように、人物像を表す特徴の一つとして「口下手」を使ってみてください。

「口が重い」

「口が重い」には、2つの意味があります。1つ目は、口数が少ないこと。無口で寡黙な人を「口が重い人」と表現することができます。2つ目は、言いにくいこと。相手に伝えづらい内容で、話すのをためらっている時に「口が重くなる」と表現することができます。

「口が重い」ということが悪いと言っているのではありません。寡黙であるということは、饒舌ではないということ。誰もがおしゃべりな人だと、聞き役がいなくなるので会話のキャッチボールが成立しません。しかし、口が重い人は決して話上手とはいえないものです。自ら積極的に会話せず、口数が少ない人がいたら「口が重い」を使って人柄を表現してみてください。

「訥弁」

「能弁」の対義語は「訥弁(とつべん)」になります。意味は、話し方がなめらかでないこと。たとえば、朗読する2人の人物を想像してみてください。途中でつかえたりせず、スラスラと読める人が「能弁」ならば、「訥弁」は何度も同じ箇所を読み直すような人を差しているといえるでしょう。なめらかでない話し方は、聞いている側も内容がすんなり入ってこないものです。

ただし、感情がこもっていれば「訥弁」でも気持ちは伝わるはず。むしろ、「能弁」であったとしても、熱意がなければ相手に気持ちは伝わりません。話し方が上手くなるには特訓が必要です。「訥弁」だからと遠慮するのではなく、ぜひ積極的に話しかけてみてくださいね。

「弁が立つ」の英訳は?

image by iStockphoto

では、「弁が立つ」を英訳すると、どのような表現があるのでしょうか。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: