理科生物細胞・生殖・遺伝

5分でわかる「遺伝子組み換え」農作物の安全性を元塾講師がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「遺伝子組み換え」について詳しく勉強していこう。

遺伝子組み換え食品や遺伝子組み換え作物という言葉を聞いたことがあるだろう。技術は発展しているものの、人体への安全性についての議論が続いているものだ。

そこで今回は遺伝子組み換えについて生物化学に詳しいライターAyumiと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
Ayumi05

ライター/Ayumi

理系出身の元塾講師。わかるから面白い、面白いからもっと知りたくなるのが化学!まずは身近な例を使って楽しみながら考えさせることで、多くの生徒を志望校合格に導いた。

ID: ↑パーツ内本文:80文字

1.生物に含まれる遺伝子情報

そもそもの話になりますが、ヒトやその他の動物は遺伝情報をもつDNAというものを持っていますよね。細胞1つ1つに核というものが存在し、その中の染色体にDNAが含まれています。そのDNAを解析するとそれぞれの個体の遺伝情報がみえてくるというわけです。

ところで、このDNA、植物にも含まれていることはご存知ですよね?

ID: ↑パーツ内本文:157文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

もちろん知っているよな?「当たり前じゃん!植物も細胞内に核があるんだから」…と思ったやつ、その通りだ!

ID: ↑パーツ内本文:58文字

image by iStockphoto

ある程度の知識を持っている人からすれば当たり前に思うでしょう。しかし「遺伝子組み換え作物ってなに?!」「野菜にDNAなんて気持ち悪い…」という人がいるのが現状です。考えてみてください。より甘く大きい実がなるように品種改良されたイチゴに対して気持ち悪いという人はいないといってもいいでしょう。品種改良は異なる種を交配させることでより優れた性質を継ぐ品種をつくり出すという技術です。それぞれの遺伝子が混ざり合うことで新たな遺伝情報をもつ種が生まれるのですから、まさにDNAが関与しているのがわかるでしょう。この例からもわかるように、遺伝子組み換えイコール「悪」「危険」というイメージは一度取っ払って解説を聞いてくださいね。

ID: ↑パーツ内本文:316文字

2.品種改良と遺伝子組み換え

まず知ってもらいたいのは、広義では品種改良も遺伝子組み換え技術に含まれます。先述したように、農作物の品種改良は珍しくなく、品種改良後の品種がメジャーになっているものも少なくありません。では、品種改良は積極的に行われる反面、遺伝子組み換えにマイナスイメージが定着してしまったのはなぜでしょうか。それぞれの違いについて見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:166文字

2-1.品種改良

image by iStockphoto

品種改良植物だけでなく家畜にも用いられる農業技術です。異なる種を人為的に交配させることにより、優れた性質をもつ品種をつくり出しています。人の手が加わることのなかった大昔から動植物は自然交配によって異なる種が交配したり、突然変異によって多くの種が生まれてきました。これを人為的に行うことで、より美味しいもの、より美しいもの、環境の変化に対応できるもの、育てやすいもの…と改良していく中で品種改良の技術も向上し、今では多くの食品が世に出回っています。

ID: ↑パーツ内本文:231文字
次のページを読む
1 2
Share:
Ayumi05