化学理科

「ミセル」って何?素朴な疑問を現役の企業研究員がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は「ミセル」について勉強していこう。
ミセルっていうのは界面活性剤が水中でつくる、目に見えない球状物質のことだ。お前たちも生活の中で知らず知らずのうちに利用しているものだぞ。ミセルについて理解するためには界面活性剤のもつ「親水性」や「親油性」についての理解が必要だ。
筋金入りの理系一家で育ち、企業研究員になったライターN.Miki.と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/N.Miki.

母親は理科教師、父は電気工学専門。兄弟も理系に進学し、自身も化学の道へ。工業高等専門学校へ進学後、大学院卒業まで研究に明け暮れる毎日を過ごす。現在は一般企業にフィールドを移した化学大好き人間が生活に身近な化学についてわかりやすく解説します。

1.ミセルとは

image by iStockphoto

ミセルとは、水に界面活性剤をある濃度以上に溶かし込んだ時にできる、極小の球状物質のことです。ハッキリと目に見えるわけではありませんが、ミセルは私たちが生活に使用するものにたくさん利用されています。

では、ミセルがどのような仕組みでできるか、生活のどのような部分で活用されているかを学んでいきましょう。

1-1.界面活性剤

image by iStockphoto

ミセルについて理解するためには、まずは界面活性剤について理解する必要があります。

界面活性剤は、親水基と疎水基が1つの分子中に存在する化合物(両親媒性物質)のことです。親水基は水と相性がよく(親水性)疎水基は油と相性が良い(親油性)、という性質があります。この相反する性質を1つの分子に持っているため、界面活性剤は水中でミセルを形成することができるのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

界面活性剤と聞くと少し怖いイメージがあるかもしれないが、実は洗剤や化粧品などの日用品の多くに利用されている。食品にも使用されているので無闇やたらと怖がる必要はない。この辺りの具体例については後半で触れていく。

\次のページで「1-2.ミセルの成り立ち」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: