理科生物学

5分で分かる「動脈」と「静脈」血液はどのように全身に運ばれる?毛細血管って?東大生物学科卒が分かりやすく解説

静脈とは?

image by iStockphoto

続いて、静脈について解説します。

動脈とはどのような点が異なるかに注意して見ていきましょう。

静脈の機能

静脈は、動脈によって全身に運ばれた血液を心臓へ回収する逆方向のルートを担当します。

静脈も動脈のように3層の構造を持っていますが、その厚みは動脈に比べると薄く、弾性的な性質は動脈よりも小さいです。また静脈に特徴的な構造として「弁」があります。動脈は心臓から強い圧力のかかった血液が流れているため、なかなか逆流することがありません。しかしながら、静脈は血液を心臓に回収するルートなので、その圧力(収縮力)が小さくなり、逆流しやすくなっています。そこで、血管内部に弁を設けることで、逆流しにくくする工夫があるのですね。

動脈が抹消にたどり着くと毛細血管へと分岐し、それが今度は静脈につながるという形で、全身の血液循環ルートが構成されています。

静脈血について

動脈血の章で簡単に触れましたが、静脈に流れる血液は静脈血です。

勘の良い方はお気づきかと思いますが、動脈血が酸素を豊富に含む血液であったのに対し、静脈血は二酸化炭素を多く含む血液からなっています。これは、細胞に動脈から酸素が届けられるのと同時に、不要となった二酸化炭素を回収しているからです。

基本的には動脈が酸素を含む様々な物質を供給するための経路で、静脈は不要となった老廃物を回収する経路と覚えておくと良いでしょう(例外として、小腸で吸収された栄養素は一旦静脈へ最初へ流れ込みます)。

静脈は、動脈で全身へ運んだ血液を回収するルートにあたる血管でした。それゆえに血液が流れる際の圧力が小さくなり、逆流しやすくなっていますが、それを防ぐために弁という構造を持っていました。静脈に流れるのは静脈血で、二酸化炭素や各組織で生じた老廃物を多く含んでいることも思い出しておきましょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

動脈と静脈は対になって働くという感じで覚えると良さそうだな。

静脈に特徴的な構造としてが存在するが、これは内部の圧力が小さくなるがための逆流を防ぐためにあるというのは、なかなかよくできていると思うぞ。

静脈血・弁というような用語もしっかりと覚えておこう。

毛細血管とは?

image by iStockphoto

最後に毛細血管について解説します。

これまでに紹介した動脈や静脈とは少し異なる性質を持っているのが毛細血管ですので、比較しながら理解すると良いでしょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: