日本史

5分でわかる「松山城」誰のお城?歴史は?難攻不落のお城をわかりやすく歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回は松山城を取り上げるぞ。今も天守閣が残っている国宝の名城だが、どんなふうに作られたかとか詳しく知りたいよな。

その辺のところを江戸時代も大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、江戸時代にも興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、松山城について5分でわかるようにまとめた。

1-1、松山城(まつやまじょう)とは

松山城は、愛媛県松山市にある城で、別名を金亀城(きんきじょう)、勝山城と言います。備中松山城とか各地の松山城との区別で伊予松山城と呼ばれることも。また、日本100名城、日本の歴史公園100選、津山城、姫路城と共に日本三大平山城にも選ばれ、国宝、重要文化財に指定されています。

この松山城についてご紹介していきますね。

1-2、松山城が出来るまで

戦国時代の伊予国は、北部と中部を河野氏が、越智郡には村上氏が、新居郡には金子氏、喜多郡に宇都宮氏、宇和郡には西園寺氏などが分立。

そのうちの河野氏の河野通直は、現松山城の東の道後温泉の近くにあった湯築城を本拠としていましたが、1585年、秀吉の四国征伐のときに小早川隆景らの軍の侵攻によって、1カ月の籠城の後に降伏。

四国を平定した豊臣秀吉は、はじめ伊予を小早川隆景に与えたのですが、1587年には福島正則が伊予国今治11万3千石をあたえられて湯築城主となり、国分山城に移ったということ。そして関ヶ原合戦の戦功で、加藤嘉明が伊予の国20万石をもらい、勝山に松山城を築城したのですね。

2-1、松山城の場所、築城などについて

いろいろご説明していきますね。

2-2、松山城の場所は

松山城は、標高132m、比高約90mの勝山という山の上に、加藤嘉明によってはじめて建てられた城郭です。

このあたりは湿地帯だったということで、嘉明の重臣の足立重信が土木、治水技術に秀でた人物だったため、湯山川の流域を南に変えて末流を伊予川に合流させるという大改修をまかされました。その功績により伊予川が重信川と呼ばれるようになったそう。なお、足立重信は松山城の普請奉行となって、縄張り、城つくりにも貢献しましたが、城が出来上がる前に死去。

2-3、松山城の築城は

松山城は1602年に築城を開始し、完成までに約25年かかりました。1603年10月に、加藤嘉明が地名を「松山」と改名したために、松山城と呼ばれることに。

また1627年、嘉明は松山城の完成を待たずに会津に転封となり、会津藩主だった蒲生忠知が24万石で松山城主となりましたが、1634年に参勤交代の途中で急死し、蒲生家は跡継ぎなく断絶となって翌年に松平定行が15万石の藩主となり幕末まで松平家の城となりました。なお定行は、1642年、創建当初は5重であったという天守を3重に改築。

次のページを読む
1 2 3
Share:
angelica