国語言葉の意味

【慣用句】「袖にする」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「袖にする」について解説する。

端的に言えば「袖にする」の意味は「そっけなく扱うこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「袖にする」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。
国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「袖にする」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「袖(そで)にする」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「袖にする」の意味は?

「袖にする」には、次のような意味があります。

親しくしていた人をないがしろにする。冷淡にあしらう。「恋人を―◦する」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「袖にする」

この言葉は、「人に冷たくする。興味がないように扱う」という意味の慣用表現です。辞書によっては単純に「疎かにする。ないがしろにする」とだけ書いてあるものもあります。

現代では特に「異性に対して冷たくする」という意味で使われることも多いのですが、その限りではないことも押さえておきましょう。人だけではなく物事に対しても使うことができます。詳しくは例文の項で確認してくださいね。

「袖にする」の語源は?

次に「袖にする」の語源を確認しておきましょう。この言葉の正確な由来はわかっておらず、いくつかの説が見つかりました。以下にご紹介します。

・人が、手を袖に入れたまま何もしないでいる様子から。
・袖を振って人を追い払う様子から。
・「袖」とは、余白や端の部分を指すため、邪魔だったり、余計なものであるというイメージから。

特に、一つ目の説が多くの辞書で掲載されており、有力なようです。洋服とは違って、和服の着物にはゆったりとした袖部分がありますね。そこに手を突っ込んだまま、人や物事をじっと眺めている様子は、たしかに冷たい印象を与えるかもしれません。

二番目の、人を追い払う、特に女性がしつこい男をシッシと袖を振るなんて姿も想像しやすいのではないでしょうか。

参考までに「袂(たもと)を分かつ」という言葉もあります。これは「人との縁を切る」という意味の慣用表現ですが、この「袂」も袖、または袖の一部です。余計な部分であるため「切り離す」というイメージを持たれやすいのでしょうか。この「袖」のニュアンスは、日本人でないと理解しにくいかもしれませんね。

\次のページで「「袖にする」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: