国語言葉の意味

【慣用句】「杯を交わす」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「杯を交わす」について解説する。

端的に言えば杯を交わすの意味は「一緒に酒を飲む」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で5年間のライター経験を持つeastflowerを呼んだ。一緒に「杯を交わす」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/eastflower

今回の記事を担当するのは語学好きで英語、中国語が得意な5年目のライター、eastflower。「杯を交わす」の意味や起源、どんな場面で使われるのかをわかりやすく解説していく。

「杯を交わす」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「杯を交わす」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「杯を交わす」の意味は?

まず、国語辞典で「杯を交わす」の「杯」(さかずき)と「交わす」(かわす)の意味を見ていきましょう。
「杯」は当初、「酒杯」と書かれ「さかづき」と読み書きされていましたが、現在は、「杯」は「さかずき」と仮名(かな)が降られる言葉です。

【杯】
酒を入れて飲む器。さかずき。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「杯」

交わす
1.互いに、やり取りする。交換する。
2.互いにまじえる。交錯させる。
3.移す。変える。
4.動詞の連用形に付いて、互いに…しあう意を表す。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「交わす」

酒を入れて飲む器(うつわ)である「さかずき」は、「杯」と書かれたり、「盃」と記載されたり、ときには、「酒杯」とも書かれますが、どれも基本的には同じ意味です。「杯を交わす」(さかずきをかわす)には、大きく二つの意味があり、一つは、文字通り「杯を手に一緒に酒を飲むことや酒席で酒を注いだり注がれたりすること」の意味で使われます。「親交」や「信頼」を深めることを目的に酒席が設けられる場合は多いですね。

もう一つは、「重要な約束を守るために、杯を交わしてお酒を飲むこと」を指します。結婚式で新郎と新婦が親族やゲストの前で「三々九度」の杯を交わす儀式が実施されますが、この儀式はその一例です。結婚の儀式は昔は家と家とのつながりという「固い約束」をするとともに「お互いに裏切らない」という意思表示を表す行為でもありましたが、現在では「不倫」や「浮気」「嘘をつかない」など新郎と新婦との間で交わされた約束を守ることを誓う場所でもあります。

「杯を交わす」の語源は?

研究者によれば、日本で最初にお米でお酒が造られるようになったのは、弥生時代(やよいじだい)になってからだと考えられています。奈良時代には、稲作作業もすっかり安定し朝廷のためのお酒も造られていました。奈良時代に編纂(へんさん)された『古事記』(こじき)の中には、スサノオノミコトがお酒を造らせて大蛇、ヤマタノオロチに飲ませ倒す物語がでてきますが、古来からお酒は神事には欠かせないものであり、神前に集まった人々は、お酒で乾杯することで心をひとつにしたと言われています。

時代は移り室町時代(むろまちじだい)になると、戦国大名たちが登場してきました。武家が力を持ち戦国の世に突入していったのです。戦いに勝利するためには外交が重要になっていきました。「誰と組むのか?どのように同盟関係を維持していくべきか?」は命に関わる問題になっていったのです。言い換えると、「相手をどのようにもてなし味方サイドにつくように仕向け、確認すべきか」が重要な事項になっていったのでした。

この室町時代に完成したもてなしの料理の膳(ぜん)が饗膳料理(きようぜんりょうり)です。この饗膳料理は「酒礼(しゅれい)」「饗膳(きょうぜん)」「酒宴(しゅえん)」の三部からなる本格的なフルコース料理で、「お酒の飲み方」を含む饗膳料理の配膳のしかたなどのマナーも同時に形成されていったと言われています。現在も多くの場面でお酒の飲み方などの所作が引き継がれているのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: