国語言葉の意味

【慣用句】「旅は道連れ 世は情け」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「旅は道連れ 世は情け」について解説する。

端的に言えば旅は道連れ 世は情けの意味は「世を渡るには互いに情けをかけることが大切である。」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「旅は道連れ 世は情け」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「旅は道連れ 世は情け」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「旅は道連れ 世は情け」ということわざは、普段使われる事が多いです。ただ、なんとなく「思いやりが大切」といった理由で認識をしている方も少なくありません。

ここではまず、「旅は道連れ 世は情け」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「旅は道連れ 世は情け」の意味は?

「旅は道連れ 世は情け(たびはみちづれ よはなさけ)」には、次のような意味があります。

1.旅では道連れのあることが心強く、同じように世を渡るには互いに情けをかけることが大切である。

出典:goo辞典「旅は道連れ 世は情け」

「旅は道連れ 世は情け」とは、『旅では同伴者がいると心強いのと同じように、世の中を渡る時には思いやりが大切』という意味です。

ここで、それぞれの言葉の意味を確認しておきましょう。

1.住んでいる所を離れて、よその土地を訪ねること。旅行
2.自宅を離れて臨時に他所にいること。

出典:goo辞典「旅(たび)」

1.連れ立って行くこと。同行。また、その人。同行者。
2.一緒に行動させること。同じ道をとらせること。

出典:goo辞典「道連れ(みちづれ)」

1.人の一生。生涯。また、寿命。年齢。
2.一人の支配者、または一つの系統・政体に属する支配者が政権を維持している期間。時代。
3.人が互いにかかわりあって生きていく場。世の中。社会。世間。

出典:goo辞典「世(よ)」

1.人間味のある心。他人をいたわる心。人情。情愛。思いやり。
2.男女の情愛。恋情。また、情事。いろごと。
3.風情。おもむき。あじわい。
3.ののあわれを知る心。風雅を解する心。風流心。

出典:goo辞典「情け(なさけ)」

自分がよく知らない土地に行く旅では、不安な事も多いものです。現代では、インターネットで情報を得る事が可能ですが、昔は情報を手に入れる事も大変でした。そのため、道連れとなる同伴者がいると、とても心強かったのです。

旅と同じように、人生は人情や思いやりを感じると、安心したり心強く感じられたりします。そのため、人生という旅では助け合いも大切であると表していることわざなのです。

\次のページで「「旅は道連れ 世は情け」の語源は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: