国語言葉の意味

【慣用句】「腰が抜ける」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しく解説!

「be unable to stand up」

「be unable to stand up」は、「腰が抜ける」の意味を忠実に英訳したものだといえるでしょう。このフレーズが表すのが「立ち上がることができない」という意味です。

これは、驚きの感情からかは分かりませんので、国語辞典にあった1の意味の英訳だと考えてください。

「scare someone’s pants off」

「scare someone’s pants off」もまた、「腰が抜ける」の英訳だといえるものです。この英語表現に出てくる「scare」は、「驚かせる」という意味を持っています。

また、後半の「pants off」は「徹底的に」という意味合いの表現です。これらを合わせると「誰かを徹底的に怖がらせる」という意味が見えてきますね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

今回の解説で「腰が抜ける」に関するさまざまな知識が得られたんじゃないか。

せっかく手に入れた知識を定着させるためにも、日々の復習は欠かさないでほしい。

「腰が抜ける」を使いこなそう

この記事では「腰が抜ける」の意味・使い方・類語などを説明しました。この慣用句には、驚きのあまり立ち上がれないという意味などがありましたね。

みなさんには、文字通り「腰が抜ける」ほどびっくりした経験はありますか。そのようなときでも驚いてばかりではなく、最善の手を打たなければならない場合もありますよね。

さて、今回の解説はいかがだったでしょうか。みなさんも、この慣用句を使う場面に恵まれたら、臆せずにどんどん使ってみてくださいね。

1 2 3 4
Share:
すけろく