国語言葉の意味

【慣用句】「腰が抜ける」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しく解説!

脊椎管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の治療のため千葉の松戸から上野まで通っているが、初めて病名を聞かされたときは、さすがの私も思わず声を呑んでしまったよ。

仙骨の関節が亜脱臼を起こしているがこれといった治療法がないと病院の専門医から聞かされて、私は思わず自分の耳を疑うとともに一生この痛みと付き合うことを覚悟させられた。

#3 「腰が抜ける」の対義語は?

image by iStockphoto

では、「腰が抜ける」の対義語はどのようにとらえればよいのでしょうか。立ち上がれなくなるほど驚くことの反対は、何があってもまったく動じないことでしょう。

ここでは、そのような意味を持つ慣用句を二つほど紹介していきます。

「蛙の面に水」

「蛙の面に水(かえるのつらにみず)」は、「腰が抜ける」の対義語の中でももっとも有名なことわざ・慣用句のひとつでしょう。このフレーズには、何をされても驚かないという意味があります。

蛙は両生類であり、顔面に水をかけられても驚かないというところから来ているようなのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

「腰を据える」

「腰を据える」もまた、「腰が抜ける」の対義語だといっても差し支えのない存在でしょう。こちらの慣用句には、落ち着いて物事に取り組むという意味があります。

そこには、何があっても動じずに冷静沈着とした姿が浮かび上がってくるようです。では、これらの対義語を用いた例文も忘れずにチェックしておきましょう。

蛙の面に水といえば、医師に腰部の痛みは応急処置だけではどうしようもなく完全に治すには手術が必要だと言われたときも、彼はどこ吹く風といった雰囲気でまったく驚いている様子はなかった。

私もこれからはじっくりと腰を据えて整体院や鍼灸院に通って症状の緩和に努めてまいりますので、中高年に差しかかった皆さんも下肢のケアには十分に気をつけて長生きできるようにしましょうね。

#4 「腰が抜ける」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に「腰が抜ける」の英語訳についても忘れずに押さえておきましょう。この慣用句は、いったい英語でどのように表現すればいいのでしょうか。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
すけろく