この記事では「胸が痛む」という慣用句について解説する。

端的に言えば「胸が痛む」の意味は「良心がとがめる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役塾講師で文系科目のスペシャリストである「すけろく」を呼んです。一緒に「胸が痛む」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/すけろく

現役文系講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

#1 「胸が痛む」の意味や使い方のまとめ

image by iStockphoto

それでは早速「胸が痛む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。この慣用句には、いったいどのような意味や用法があるのでしょうか。

「胸が痛む」の意味は?

まずは、国語辞典での定義から。「胸が痛む」には、次のような意味があります。

1.ひどく心配する。心痛する。
2.良心がとがめる。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「胸が痛む」

慣用句やことわざの意味を考えるとき、「胸」という言葉が持つ意味をしっかりと押さえておく必要があります。それは、「胸」が単なる人体の胸部を表すことばではなく「心」や「心の中」を表す場合が多々あるからです。

それは、今回の「胸が痛む」も例外ではありません。「胸が痛む」とは「心が痛む」ことであり、それが心配したり良心がとがめるという意味につながっていきます。

「胸が痛む」といっても、狭心症や心筋梗塞の症状が出ているというわけではなく、あくまでも人の心情に言及した表現でことである点には注意が必要ですね。

「胸が痛む」の使い方・例文

「胸が痛む」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「胸が痛む」の類義語は?違いは?」を解説!/

国立病院の医師に診察してもらい血液や呼吸器には何の問題もないと言われたものの、いつまた発作が起こるかも知れないと思うと胸が痛む

その女性患者には背中に大きな水ぶくれの跡が残ってしまうらしく、その原因の一端が自分にもあるのだと感じた男性は胸が痛む思いだった。

胸が痛かったといえば、あえて明かさなくてもよかった情報を話したために、相手が一時呼吸困難になるほど動転させてしまったことがある。

国語辞典の定義にもあったように「胸が痛い」には、大きく分けて二通りの意味・用法があります。したがって、この慣用句を見聞きしたときは、どちらの意味で用いられているのかを見極めることが大切です。

ひとつめの例文は、だれか相手に対して悪いことをしてしまったわけではありません。ですから、単に心配する・心痛するという意味でとらえて構わないでしょう。

一方、二つめと三つめの例文では明らかに事情が異なります。これらは、何かを働きかけてしまった結果、相手が窮地に立たされてしまっているからです。

このように「胸が痛い」の意味をとらえるときには、相手に何か悪いことをしたのかどうかを見極める必要があるといえます。

#2 「胸が痛む」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ところで、「胸が痛む」と意味のよく似た表現にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、そのような意味合いを持った表現を二つほど紹介していきます。

「胸が張り裂ける」

「胸が張り裂ける」は、「胸が痛む」の類義語の中でも、よく用いられるもののひとつです。この慣用句には、悲しみや悔しさで胸が破れてしまうような苦しみを感じるという意味があります。

「胸が痛む」のように相手に対して良心がとがめるというニュアンスはあまり見られない点には注意が必要ですね。

「断腸の思い」

「断腸の思い」もまた、「胸が痛む」の類義語だといっていい存在です。こちらの慣用句は、非常に激しい苦しみや悲しみを表現したい場合に用いられます。

「断腸」とは、まさに自分の大腸や小腸が千切れてしまう様子をたとえたことばです。内臓が千切れてしまうほどの苦しみや悲しみとは、よほどのものであるといえるでしょう。

では、これらの類義語を用いた例文を見ておきましょう。

\次のページで「「胸が痛む」の対義語は?」を解説!/

検査の結果、異常な数値が認められたことで病気の再発が強く疑われることに、その研修医は胸が張り裂ける思いで患者を見つめていた。

気候の急激な変化や流行り病のせいで特産物の生産量が低下してしまい多くの農家が廃業してしまったことは、まさに断腸の思いである。

#3 「胸が痛む」の対義語は?

image by iStockphoto

では、「胸が痛む」の対義語は一体どのようにとらえればよいのでしょうか。「心配する」「良心がとがめる」の反対は、「心が晴れる」「痛快である」ともいえるでしょう。

ここでは、そのような意味合いを持った表現を二つほど紹介していきます。

「胸がすく」

「胸がすく」とは、心のつかえがなくなりすっきりと晴れ渡る様子をたとえた表現です。その意味では、心につかえのある「胸が痛い」状態とは正反対にあるといえるでしょう。

また、痛快な気分を表現する際に用いることがあるのも覚えておいてくださいね。

「気が晴れる」

「気が晴れる」は、憂鬱な気分が吹き飛ぶ様子を表したことばです。そこには、心配でやきもきしていた感情もきっと含まれることでしょう。

明るくなった気分を天候にたとえている点は、なかなか面白いですよね。では、これらの対義語を用いた例文も忘れずにチェックしておきましょう。

本当に胸がすく思いがしたといえば、日本代表が敵地滞在というストレスから解放されたことで本来の実力を発揮し、決勝進出を果たしたことだ。

ふたたび専門外来で受診したところ、病気の再発可能性がほぼゼロになり再手術の必要もなくなったことに、彼はすっかり気が晴れた様子だった。

#4 「胸が痛む」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に「胸が痛む」の英語訳についても忘れずにチェックしておきましょう。この慣用句は、いったい英語でどのように表現すればいいのでしょうか。

\次のページで「「one's heart aches」」を解説!/

「one's heart aches」

「one's heart aches」は、「胸が痛む」を忠実に英語で言い表したものだといえます。なぜならば、「heart」は心臓や心を「ache」は「痛む」を表すからです。

二つを合わせると「心が痛む」となり、「胸が痛む」の意味と合致するのが分かるでしょう。

「heart-wrenching」

「heart-wrenching」もまた、「心が痛む」の英語表現としてよく用いられるものです。こちらで用いられている「wrenching」とは、「ねじれるような」という意味を表します。

つまり、「heart-wrenching」とは「心臓がねじれるような」という意味の形容詞なのです。この形容詞を用いる状況とは、心痛が相当な場合なのだろうなと推察できますね。

「胸が痛む」を使いこなそう

この記事では「胸が痛む」の意味・使い方・類語などを説明しました。この慣用句には、ひどく心配するという意味がありましたね。

また、良心がとがめるという意味で用いることができるのも特徴でした。できれば、「胸が痛む」ような場面にはあまり遭遇したくないというのが人情です。

今回の慣用句の解説はいかがでしょうか。みなさんも、この慣用句を使う機会に恵まれたら、臆せずにどんどん使ってみてくださいね。

" /> 【慣用句】「胸が痛む」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しくわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「胸が痛む」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しくわかりやすく解説!

この記事では「胸が痛む」という慣用句について解説する。

端的に言えば「胸が痛む」の意味は「良心がとがめる」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役塾講師で文系科目のスペシャリストである「すけろく」を呼んです。一緒に「胸が痛む」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/すけろく

現役文系講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

#1 「胸が痛む」の意味や使い方のまとめ

image by iStockphoto

それでは早速「胸が痛む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。この慣用句には、いったいどのような意味や用法があるのでしょうか。

「胸が痛む」の意味は?

まずは、国語辞典での定義から。「胸が痛む」には、次のような意味があります。

1.ひどく心配する。心痛する。
2.良心がとがめる。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「胸が痛む」

慣用句やことわざの意味を考えるとき、「胸」という言葉が持つ意味をしっかりと押さえておく必要があります。それは、「胸」が単なる人体の胸部を表すことばではなく「心」や「心の中」を表す場合が多々あるからです。

それは、今回の「胸が痛む」も例外ではありません。「胸が痛む」とは「心が痛む」ことであり、それが心配したり良心がとがめるという意味につながっていきます。

「胸が痛む」といっても、狭心症や心筋梗塞の症状が出ているというわけではなく、あくまでも人の心情に言及した表現でことである点には注意が必要ですね。

「胸が痛む」の使い方・例文

「胸が痛む」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「胸が痛む」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: