国語言葉の意味

余儀って何?「余儀無くされる」の意味・例文・類義語などを日本放送作家協会会員が解説

I was forced to work hard.
私は懸命に働かざるを得なかった。

ID: ↑パーツ内本文:42文字

「be forced to apologize」「謝罪を余儀無くされる」「be forced to make a decision」「決断を迫られる」、「be forced to leave school」「退学を余儀無くされる」です。

ID: ↑パーツ内本文:122文字

「have no choice but to」:~する以外に手がない

「have no choice」は「選択肢がない」、「but to + 動詞の原形」は「~する以外に」という意味なので「have no choice but to」「~する以外に手がない」「~せざるを得ない」という言いです。

ID: ↑パーツ内本文:113文字

She had no choice but to study Japanese.
彼女は日本語を勉強するしかなかった。

ID: ↑パーツ内本文:58文字

「have no choice but to depend on」「頼らざるを得ない」「have no choice but to follow」「~に従わざるを得ない」「have no other choice but to」「選択の余地がない」ですね。

ID: ↑パーツ内本文:133文字

「余儀無くされる」を使いこなそう!

この記事では、「余儀無くされる」の意味を調べ、使い方や類義語などを解説しました。

「余儀」「他のこと」「他の方法」「別の意見」という意味です。そして「余儀無い」は、別の方法がないので、「他になすべき方法がない」「やむを得ない」という意味ですね。「余儀無い」はそのままの形で使われるより「余儀無くされる」という形で使われることが多く、「やむを得ずそうせざるを得ない」という意味を表現しています。

「余儀無くされる」を使いこなしても、何かを「余儀無くされる」のは、できれば避けたいもの。窮地に陥っても奥の手を使ってピンチをチャンスに変えたいものですね。

ID: ↑パーツ内本文:277文字
1 2 3 4
Share: