国語言葉の意味

【慣用句】「水に流す」の意味や使い方は?例文や類語を教材系ライターが解説!

「forgive and forget」

「水に流す」は英語で「forgive and forget」と表すことができます。ゆるし、そして忘れる、ということです。例文も示しておきましょう。

We forgave and forgot each other, and decided to work together.

私たちはお互いに過去を水に流し、共同で仕事をすることを決めた。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

いつまでも根に持つか、それともある時点で水に流してしまうのか、どちらが幸せかというと、水に流してしまったほうが楽なこともあるだろう。誰しもが人生で過ちをおかす可能性がある。いや過ちのない人などいないだろうから。

ときに水に流してあらたに気分一新、新鮮な関係を築くのも健康的で建設的なことだな。

「水に流す」を使いこなそう

この記事では「水に流す」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「水」はこびりついた汚れを落とし、流し去り、見えないところにまで運んでいってくれるもの。ときに洪水、ときには津波となり、大事なものまで流し去ってしまうのも水ですが、人間関係でも不必要な気持ちのわだかまりなど、消し去りたいものもたくさんあるでしょう。そして、いつまでも古いことにこだわって前に進めないのは悲しいこと。

水に流してしまって過去の過ちをそそぎ、心を清め、人との関係も虚心坦懐に再構築していく、実はこれは私たちにとって自然な毎日の営みなのかもしれません。

1 2 3 4
Share: