国語言葉の意味

【慣用句】「御輿を担ぐ」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

「機嫌をとる」

「機嫌をとる」(きげんをとる)も「相手の気持ちを和らげるようにしむけること」、「相手が気に入るような言動によって喜ばれるように働きかけすること」を意味し「御輿を担ぐ」の類義語ということができるでしょう。

「御輿を担ぐ」の対義語は?

それでは、次に「御輿を担ぐ」の反対語を見ていきましょう。

「引きずり下ろす」

「御輿を担ぐ」は、「おだててもち上げる」ことですから、反対語は、「高いところから低いところへ移すことや高い地位や役割からはずす」意味を持つ言葉になります。また、「非難したり、欠点を強調して悪く言う」という言葉も反対語になりますね。

そんな意味を持つ言葉のひとつが「引きずり下ろす」(ひきずりおろす)です。特にこの「引きずり下ろす」には無理矢理に退かせるという強制的な語気を持った言葉でもあります。

「蹴落とす」

「蹴落とす」(けおとす)も「御輿を担ぐ」の反対語のひとつにあげられるでしょう。

「蹴落とす」には、「相手を足でけって落とす」という意味のほかにも、「自分がのしあがるために、地位のある人や競争相手をおしのける」という意味があります。「御輿を担ぐ」が「もちあげる」という意味を持つため、「蹴落とす」も反対語として適切でしょう。

「御輿を担ぐ」の英訳は?

image by iStockphoto

「御輿を担ぐ」を文字通り英語にすると「Carry a portable shrine on our shoulder」になります。「Portable shrine」は、「持ち運びのできるご神体」を意味しますから、全体の意味としては、「持ち運びのできるご神体を肩にのせて運ぶ」という意味です。この表現は日本を外国人に紹介するハンドブックでもひんぱんに使われています。しかし、この訳では、「御輿を担ぐ」が持つ「他人をおだて上げる。もちあげる。」という意味は伝わりません。

それでは、これらの雰囲気を伝えられることばをご紹介しましょう。

「Soft-soap」

「Soft-soap」(ソフトソープ)はそのまま訳すと「やわらかい石鹸」になりますが、口語では、よく「お世辞を言ってうまく相手を丸め込む」「おべっかを使う」という動詞として使われます。

名詞としても使われ、意味は「お世辞」や「おべっか」という意味です。覚えやすいことばなので是非覚えてください。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: