国語言葉の意味

【慣用句】「御輿を担ぐ」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「御輿を担ぐ」について解説する。

端的に言えば御輿を担ぐの意味は「神や天皇が乗る乗り物」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で5年間のライター経験を持つEastflowerをを呼んだ。一緒に「御輿を担ぐ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/eastflower

今回の記事を担当するのは語学好きで英語、中国語が得意な5年目のライター、eastflower。「御輿を担ぐ」は「神輿を担ぐ」と記載されることもあり、どちらの漢字を書いても正しく同じ意味で使われています。それでは「御輿を担ぐ」の言葉の起源やどんな場面で使えるのかをわかりやすく解説する。

「御輿を担ぐ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「御輿を担ぐ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「御輿を担ぐ」の意味は?

それでは、まず、「御輿を担ぐ」の辞書の意味から見ていきましょう。

1.他人をおだて上げる。もちあげる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「御輿を担ぐ」

2.人をおだててまつり上げる。また、それに一役買う。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「御輿を担ぐ」

「御輿を担ぐ」(みこしをかつぐ)の「御輿」「みこし」と読みます。「御輿」は「神輿」(みこし)と書く場合も多くありますが、意味としては同じで「天皇や神様が乗る乗り物」のことです。「天皇」が乗られる場合は「御輿」と書き、「神社の神様」が乗られる場合は「神輿」と書かれる場合が多いようですが現在ではどちらの文字を記載しても誤りではありません。

元号が令和に変わった昨年、「即位の礼」(そくいのれい)がテレビのニュースでも広く放送されましたが、天皇・皇后両陛下がお乗りになられていた台が皇室が乗られる「輿」(こし)です。御輿(みこし)には「鳳凰」(ほうおう)や「麒麟」(きりん)などが装飾されていたことを覚えている方も多いのではないでしょうか?

日常生活の中でなじみがあるのは、神様(ご神体)が乗る意味で使われる「みこし」の方で、子ども時代や成人してからも住んでいる地域の氏神様(うじがみさま)のお祭りで御輿を担がれた方も多いことでしょう。ちなみに「ご神体」とは、「神霊」(しんれい)が宿っている礼拝の対象となる神聖な物体のことです。

普段は神社にいらっしゃる「神様」ですが、祭りの日には、「御輿」に乗り町を見回ることで「厄」を退け、「幸福」をもたらします。この移動の乗り物である「輿」(こし)を担ぐのはその地域に住み普段からご加護を受けている氏子(うじこ) の人々になるのですね。

このような祭りの「御輿」から発展し、日常生活の中では「他人をおだてもちあげる」ことを「御輿を担ぐ」と例えるようになっていきました。

「御輿を担ぐ」の語源は?

次に「御輿を担ぐ」の語源や由来を確認しておきましょう。

今でも「神輿」を担ぐのはお祭りの日ですが、狩猟社会から稲作社会になった日本では、その年の豊作を願う春の「祈念祭」(きねんさい)収穫を終えた後、「田の神」を再び山に送る感謝祭が行われていたと伝えられています。もちろん、漁業地域では、海の神に大漁を願う祭りが行われ現在でも男性たちが「御輿」を担ぎながら浜辺から海に向かっていく儀式が開催されているところもありますね。

昔の人々は、「神霊」は天や海のむこうの場所に住んでいると考えていました。そのため神を招くための社(やしろ)をその都度増設し、神が帰るとその社を取り壊していました。しかし、後の時代になると人々は神霊が常にそばにいることを望むようになり、神社の建設がすすんでいったのです。やがて人々は神霊が神社にいつもいると考えるようになっていきました。

しかし、神社が建設されるようになった後も神霊にその年の豊作を祈願し、収穫の後感謝するという習慣や信仰は引き継がれ、祭りという形態で続いていき、祭りの日には神社の神霊に御輿に乗ってもらい、町中を練り歩くという行事になったのです。

現在では、「御輿を担ぐ」は、慣用句として他人をおだてて持ち上げることを意味し多くの場合、組織や集団の代表者の地位に据えて祭り上げる用語として使われています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: