国語言葉の意味

【慣用句】「話が早い」の意味や使い方は?例文や類語を教材系ライターがわかりやすく解説!

この記事では「話が早い」について解説する。

端的に言えば「話が早い」の意味は「素早く決まること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教材系のライターを10年経験した梨子なしこ太朗吉を呼んです。一緒に「話が早い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/梨子なしこ太朗吉

本や雑誌を作り続ける文章職人。参考書から音楽誌まで、娯楽と言葉と実用をむすびつけることを自らも楽しみつつ、分かりやすく伝える。

「話が早い」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「話が早い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「話が早い」の意味は?

「話が早い」には、次のような意味があります。

結論や決着をつけるのが早い。

出典:goo辞書

話が早いというのは、もはや話をする必要がない、ということでもあります。あれこれ議論をするまでもない、もうすぐに決めることができるからそれで進めよう、ということですね。お互いに懸案がない状態だということにもなります。

「話が早い」の語源は?

次に「話が早い」の語源を確認しておきましょう。

ここでの「話」は、議論や対話などであり、「早い」というのは、議論の帰結を得るまでが早いということです。そこで「早期に決着する」ということになるわけですね。

\次のページで「「話が早い」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: