国語言葉の意味

【慣用句】「舌が肥える」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「舌が肥える」について解説する。

端的に言えば「舌が肥える」の意味は「味の良し悪しがわかること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「舌が肥える」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。
国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「舌が肥える」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「舌が肥える(したがこえる)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「舌が肥える」の意味は?

「舌が肥える」には、次のような意味があります。

「口が肥える」に同じ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「舌が肥える」

いろいろなものを食べて、味のよしあしがよくわかるようになる。舌が肥える

出典:デジタル大辞泉(小学館)「口が肥える」

この言葉は「食物に対する好みが贅沢になること」「様々なものを食べたことで、味の判断ができるようになること」の意味を持つ慣用表現です。

「味覚が優れている」ならば誉め言葉ですが、文脈によってはネガティブなイメージになることも。使い方の項で確認してください。

また、引用の通り「口が肥える」という同じ意味の表現もあります。そのためか、辞書によっては「舌が肥える」で掲載されていないことも。調べたときに驚かないように、両方覚えてしまいましょう。

「舌が肥える」の語源は?

次に「舌が肥える」の語源を確認しておきましょう。これは特別な出典などはなく、言葉の意味から作られた例えの表現です。

「肥える」とは、「経験を積んだことで、良いもの・ことを見定められる力が付く」という意味を持っています。「舌が肥える」の他にも、「耳が肥える」「目が肥える」などの表現を聞いたことがあるかもしれませんね。「耳」なら音楽、「目」なら美術品などに対して使われるでしょう。

「肥える」には「肉が増す・太る」という意味もありますから、美味しいものばかり食べて、舌が大きく肉厚になってしまったイメージでしょうか。いかにもグルメというか、食べ過ぎな感じまでありますね。

先に述べた通り「舌が肥える」では載っていない辞書もありました。日常的に使われるうちに、イメージに引っ張られて「口が肥える」から「舌が肥える」へと変化したのかもしれませんね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: