国語言葉の意味

【慣用句】「恩を売る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「恩を売る」について解説する。
端的に言えば恩を売るの意味は「見返りを期待して恩を施すこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好きで歴史好き、名古屋出身で5年間のライター経験を持つEastflowerを呼んだ。一緒に「恩を売る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/eastflower

語学好きで英語、中国語が得意な5年目のライター。「恩を売る」は特に時代劇など日本が封建制度をとっていた時代のドラマや映画などによく登場する言葉。「恩を売る」の言葉の起源や意味、どんな場面で使えるのかを見ていく。

「恩を売る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「恩を売る」の意味は?

それでは、「恩を売る」(おんをうる)と「恩」(おん)の辞書の意味から見ていきましょう。

【恩を売る】(おんをうる)

1.相手からの感謝や見返りなどを期待して恩を施す。
出典:デジタル大辞泉(小学館)「恩を売る」

2.のちのち自分の立場を有利にしたり利益を得たりする目的で人を助ける
出典:大辞林 第三版(三省堂)「恩を売る」

【恩】(おん)

1.他の人から与えられためぐみ。いつくしみ。 
2.封建時代、家臣の奉公に対して主人が領地などを与えて報いること。 
3.給与。手当。 

出典:大辞林(三省堂)「恩」

辞書によると「恩」(おん)の意味の中には、「家臣の奉公に対して主人が領地を与えること」の意味も記載されています。具体的に言うと鎌倉幕府(かまくらばくふ)を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)の時代から始まったのです。

「武家の棟梁」(ぶけのとうりょう)であった源頼朝「御家人」(ごけにん)と呼ばれる家臣たちの役割を明確にした「御恩と奉公」(ごおんとほうこう)の制度が作られたことが始まりでした。「御恩」(ごおん)とは、主人(実力者や上司)である源頼朝が、従者である「御家人」(部下)に当時の役職である「守護職」(しゅごしょく)や「地頭職」(じとうしょく)を与え、御家人たちを赴任させ、私領を承認・保証し、働きによって新たに所領を与えていく制度のことです。一方で御家人は源氏(げんじ)のために命をかけてベストを尽くして戦い忠誠を尽くす義務や仕事を果たすようになりました。

「恩」には、「給与」や「手当」という意味もあり、日本では1923年に「恩給法」(おんきゅうほう)が定められ、公務員や軍人が一定の期間勤務し退職した場合や死亡したときに一時金や年金を支給していた時代があったのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: