国語言葉の意味

【慣用句】「大なり小なり」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターがわかりやすく解説!

この記事では「大なり小なり」について解説する。

端的に言えば「大なり小なり」の意味は「大小に拘わらず」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

年間60冊以上本を読み込んでいるヤマゾーを呼んです。一緒に「大なり小なり」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヤマゾー

ビジネス本を中心に毎年60冊読破。本を通じて心に響く生きた日本語を学ぶ。誰にでも分かりやすい説明で慣用句を解説していく。

「大なり小なり」の意味・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「大なり小なり」の意味・使い方を見ていきましょう。

「大なり小なり」の意味は?

「大なり小なり」には、次のような意味があります。

大きくても小さくても。程度の差こそあれ。多かれ少なかれ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「大なり小なり」

「大なり小なり」は、よく使われる慣用句ですが、意味を詳しく理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。たとえば、2人の男性社員がいたとしましょう。片方の男性は、いずれ独立して社長になることが夢です。もう片方の男性は、出世したいわけではなく、幸せな家庭を築き上げることが夢でした。規模は違っても、どちらの男性も立派な夢を持っていますよね。このような場合に「誰しも大なり小なり夢がある」と表現することができます。

また「程度の差こそあれ」という意味ですが、こちらも「大なり小なり」と同じ感覚で使って問題ないでしょう。たとえば、「私は将来大丈夫だろうか?」と「大なり小なり」人は不安になるものです。そのような場合に「程度の差こそあれ、将来に対して不安になるものですよね」などと表現するとよいでしょう。

「大なり小なり」の使い方・例文

「大なり小なり」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「大なり小なり」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: