特集理科

3分でわかる水上置換法・下方置換法・上方置換法!気体の性質・特徴を登録者数95万人人気講師がわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

とある男さんは動画内で「水上置換」と紹介しているが、「水上置換法(すいじょうちかんほう)」ということもあるぞ。

なお、水上置換で気体を集める際には大事な注意点があります。

液体と固体を混ぜた試験管の中で気体が発生すると、管の先からぷくぷくと気泡が出てきますが、はじめに出てくる気体を集めてはいけないんです。なぜならば、最初のうちは「試験管に入っていた空気がでてくる」から。

しばらくたつと発生した気体が出てきますので、それを集めるようにしましょう。

また、発生した気体のにおいをかぐときには「手であおぐようにして」かぎます。直接鼻を近づけてにおいをかがないようにしてくださいね。

水上置換以外の気体の集め方は?

空気より密度の大きい気体(=空気よりも重たい気体)を集めるときには「下方置換(かほうちかん)」という方法があります。

そして、空気より密度の小さい気体(=空気よりも軽い気体)を集めるときに使えるのが、「上方置換(じょうほうちかん)」という方法です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

この上方置換と下方置換も、2つ目の動画で出てくる。とある男さんは「教科書で確認しておいてほしい」といっているな。

二酸化炭素と酸素の性質

ここで、二酸化炭素と酸素の性質を確認しておきましょう。

これらの気体の入った試験管に『火のついた線香を入れる』と、二酸化炭素の中では「消える」、酸素の中では「激しく燃える」という変化が見られます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

これはものすごくよく出てくる知識だから、確実におさえてほしいな。学校のテストなどでもよくきかれるぞ。

また、これらの気体の入った試験管に『石灰水を入れてふる』と、二酸化炭素の試験管では「白くにごる」のですが、酸素の試験管では「変化なし」です。

さらに、『リトマス紙』の変化も覚えましょう。二酸化炭素の試験管にリトマス紙を入れると「青いリトマス紙が赤くなる」という変化がおきます。一方、酸素の試験管では「変化なし」です。

まとめ編

まとめ編

image by Study-Z編集部

2本目の動画はまとめ編!4種類の気体をつくる材料や集め方、それぞれの気体の特徴をまとめていきましょう。

酸素

とある男さんがはじめに紹介してくれるのは「酸素」です。

酸素をつくる材料はすでに出てきましたね。「二酸化マンガンとオキシドール」です。

発生した酸素を集める方法は「水上置換」でした。

\次のページで「二酸化炭素」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: