地学地球理科

5分でわかる「コペルニクス」生涯は?地動説とは?科学館職員がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今の世の中では地球が自転していることは小学生も知っている世界の常識だな。しかしこの天文学史上最大な発見がされたのは日本が戦国時代の頃。それまでは地球の周りを天体が動いていると考えられていた。

この地球が回っているという地動説を唱えたのがポーランド出身の天文学者、ニコラウス・コペルニクスだ。発表当初、地動説はなかなか受け入れられなかった。それまでの常識であった天動説と全く違う地動説は受け入れがたかったのだ。

コペルニクスがどんな人物でどうやって地動説を考え出したのか。今回はこの地動説発見の経緯を説明していく。解説は科学館職員のたかはしふみかだ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

たかはし ふみか

ライター/たかはし ふみか

テスト前にはわからない用語を全部調べて単語一覧を作り、暗記し練習問題を解いて勉強していたリケジョ。ギリシャ神話が好きで天文について勉強中の科学館職員。

地動説って何?

地動説って何?

image by Study-Z編集部

そもそも地動説とはどんなものだったでしょうか?

地球には昼と夜があり、季節がありますね。これは地球が1日1回自転し、太陽の周りを1年かけて公転しているからです。「地」球が「動」いているという地動説。しかし、以前は地球が動いているのではなく、太陽やその他の天体が地球の周りを動いている、「天」が地球の周りを「動」いていると考えられていたのです。

地動説が登場するまで、地球が宇宙の中心であると考えられていました。しかし観測技術の進歩によって月(実際に地球の周りを公転している衛星)が他の天体と動きが異なることや、地球の周りを天体が回っているのでは説明できない現象が発見されたのです。地動説によって天動説では説明できない現象が説明できるようになりました。

昔はこれが常識だった~天動説

Cellarius ptolemaic system.jpg
Jan van Loonhttp://nla.gov.au/nla.map-nk10241, パブリック・ドメイン, リンクによる

先程から登場している天動説地球中心説)。読んで字のごとく地球の周りを天体が動いているという考え方です。ウィキペディアで検索すると天動説は「地球は宇宙の中心にあり静止しており、全ての天体が地球の周りを公転しているとする説」と説明されています。

この天動説を考えた(それまで考えられていた天文学の説をまとめて天動説とした)のはプトレオマイオスという人物です。プトレマイオスは主著「アルマゲスト」に地球が宇宙の中心にあり、その周りを天体が動いているという説を書いています。プトレオマイオスは出身や出生年について明らかになっていませんが、83年頃に生まれた数学・天文などの分野で活躍した学者です。

関連する記事も読んでみてくださいね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

地動説と天動説。教科書や本、プラネタリウムなどでその話を聞いたことがある人も多いだろう。

まずはそれぞれの説を唱えた人物と、地球が回っているのか天体が回ているのかをしっかり押さえるように。

コペルニクスの生涯

天動説を唱えたコペルニクスはどのような生涯を送ったのでしょうか?

コペルニクスの幼少期

image by PIXTA / 64553538

ニコラウス・コペルニクスはポーランド出身の天文学者、カトリックの司祭です。

コペルニクスは1473年2月19日、ポーランドのトルンで誕生しました。このトルンには彼にちなんだニコラス・コペルニクス大学という大学があります。

彼の父親は銅を扱う商人をしていました。ちなみにコペルニクス(Copernicus)という名前の由来はポーランドにある銅山Kopernikiです。幼くして両親を失ったコペルニクスは母方の叔父に引き取られて兄弟と共に育てられました。この叔父は教会に勤め司祭をしていた人物です。そのため甥も司祭になることを望んでいました。

次のページを読む
1 2
Share:
たかはし ふみか