国語言葉の意味

「面倒を見る」の「面倒」ってそもそも何?「世話」とどう違う?意味や使い方・類義語などを語学系主婦ライターがわかりやすく解説

「面倒を見る」の類義語は

image by iStockphoto

それでは手間を引き受ける意味で別の言葉を紹介しましょう。

「世話をする」:面倒を見ること

世話」は相手に良かれと思って自主的に助力・支援するニュアンスです。する人される人の上下関係を気にすることなく使える言葉で「舞台に立つ女優の世話をする」「老いた先生のお世話をした」と使います。

しかしながら。良かれと思ってしても「余計なお世話!」と言われることもあるでしょう。あれこれ手をかけすぎて、子供がわがままになったり、花や野菜が枯れてしまったりすることも。世話焼きもほどほどに。

「厄介(やっかい)になる」:生活の面倒をみてもらう

「厄介」も面倒なこと、わずらわしいことの意味です。「厄介になる」は世話を見てもらう、居候(いそうろう)になるの意味となります。使い方は「離婚して、実家に厄介になっている」「万引きして警察の厄介になった」などです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

では「世話」はどうビジネスシーンで使われているのか。「お世話になっております」は感謝を含むあいさつだが、初見の相手や社内では使われない。また「世話」は上下関係なく使えると上記しているが「お世話様です」は目上の人から下の人に向けた感謝の言葉だ、注意しよう。

「面倒を見る」の対義語は何だろう

image by iStockphoto

「面倒を見る」の反対の言葉は「面倒を見ない」こと。相手に対して何もしない・あまりしない意味の言葉を二つ挙げます。

「放置」:そのままにしておく

「放置」とは、しなくてはいけないことでも対応せずそのままにしてほうっておくこと、ほったらかすことです。「果物を放置していたらカビが生えた」「放置していた自転車を盗まれた」と使われます。例文でもわかるように、放置した物事は悪い方に向かうことが多いですね。

「おろそか」:いいかげんにすませる

「おろそか」は漢字で「疎か」と書き、いいかげんにしたり軽く済ませたりして、真面目に取り組まないことです。ほかにも簡素・まばら・おとっている意味があります。使い方は「英語の上達には、国語をおろそかにしてはいけない」「お肌の手入れをおろそかにしてシミが出来た」などです。

\次のページで「「面倒を見る」の英訳は「take care of」と「look after」どっち?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: