国語言葉の意味

【慣用句】「時間を割く」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターがわかりやすく解説!

この記事では「時間を割く」について解説する。

端的に言えば「時間を割く」の意味は「忙しい中で、ある事のために時間を使うこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

年間60冊以上本を読み込んでいるヤマゾーを呼んです。一緒に「時間を割く」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヤマゾー

ビジネス本を中心に毎年60冊読破。本を通じて心に響く生きた日本語を学ぶ。誰にでも分かりやすい説明で慣用句を解説していく。

「時間を割く」の意味・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「時間を割く」の意味・使い方を見ていきましょう。

「時間を割く」の意味は?

「時間を割く」には、次のような意味があります。

余裕のない時間を都合つけて、あることのためにふり向ける。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「時間を割く」

「割く」の読み方は「さく」となりますので、間違えないように注意してください。「時間を割く」は、お店に行列ができていたとして、列の途中から横入りするような状況を想像すると分かりやすいのではないでしょうか。「割く」という言葉自体に、スケジュールの一部を他の用事に充てるという意味があります。そのため、忙しいなかで、他のことのために時間を空けることを「時間を割く」と表現するようになりました。

「時間を割く」の使い方・例文

「時間を割く」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「時間を割く」の類義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: