日本史

5分でわかる「安土城」織田信長が作った豪華絢爛な幻の城をわかりやすく歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回は安土城を取り上げるぞ。信長の作った有名な城だが、どんな城だったか詳しく知りたいよな。

その辺のところを安土桃山時代も大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、安土桃山時代にも興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、安土城について5分でわかるようにまとめた。

1-1、安土城とは

安土城(あづちじょう)は、織田信長が琵琶湖の東岸にある安土山(現滋賀県近江八幡市安土町下豊浦)に築城した山城です。わずか10年しか存在しなかったこの安土城について、解説していきますね。

1-2、安土城は織田信長の築城

安土城は、織田信長が天下統一をめざし、それまでの岐阜城から拠点を移すために築いた城です。信長は1560年、桶狭間の戦いで今川義元に勝利、1567年には斎藤氏の稲葉城を攻め落として岐阜城と改めて美濃を平定し、翌年には尾張国を統一。

そして足利義昭を奉じて上洛、15代将軍に就任させたのち、近江北部と越前の浅井朝倉軍、武田信玄らに信長包囲網で危うい目に遭いましたが、浅井、朝倉氏を滅ぼし、足利義昭を追放、長篠合戦で武田勝頼を破りと、信長は天下統一にむかい西日本に目を向け、実際に秀吉を中国征伐に派遣していたころでした。そういうわけで信長は、家督と共に岐阜城を嫡男信忠に譲り、拠点を安土に移したのですね。

1-3、安土の場所を選んだ理由は

image by PIXTA / 55246826

このとき信長は43歳でしたが、岐阜城と改めた後に掲げた、「天下布武」のスローガンで天下統一を視野に入れていることを天下に示していたし、実際、安土城を築城する数年前から琵琶湖のほとりに坂本城や長浜城、大溝城などの城を築かせ、明智光秀や羽柴秀吉らの家臣たちに任せていたこともあって、これらの支城からも船で行き来できる安土城は都合がよかったのです。

これは今と違って当時の琵琶湖で水運が活発に行われていたことからで、現在の安土山は琵琶湖から数キロ離れていますが、信長の築城当時は三方を琵琶湖の内湖(琵琶湖の近くの琵琶湖から切り離されるようにしてできた湖のことで、近代に干拓されてなくなった)に囲まれていて、城からすぐに琵琶湖に出ることができたそう。

また安土は、当時の日本の中心だった京都に近く、北陸街道から京都への要衝という利便性があったので、当時信長が直面していた越前、加賀の一向一揆への備えや、越後の上杉謙信への警戒のためにも好都合な場所だったのですね。

そしてそのような要衝の地に大きな城を建てることは、信長の天下統一の象徴として示すことにもなったそう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica