化学理科

5分で分かる「エンタルピー」熱含量とは?メリットは?理系ライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。エントロピーとよく似ているけれど別モノのエンタルピー。日本語では熱含量(がんねつりょう)とも呼ばれ単位は熱量と同じく[ジュール、J]を使う。意味としては含熱量という文字通り気体物質が含んでいる正味の熱量と考えてよい。空気湿り線図からエンタルピーを求めることもある。さて、このエンタルピーを用いるメリットについて理系ライターのR175と解説していこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

R175

ライター/R175

関西のとある国立大の理系出身。学生時代は物理が得意で理科の教員免許も持ち。ほぼ全てのジャンルで専門知識がない代わりに初心者に分かりやすい解説を強みとする。

1.熱量の出入りとエンタルピー

image by iStockphoto

熱力学第一法則によると気体に与えられた熱量は内部エネルギーの変化と外部への仕事とに分かれるもの。エンタルピーを用いる意義はエネルギーの収支を表したこの関係式を状態量のみで表示出来る点にあります。これについて順を追って見ていきましょう。

エントロピーとは全く別物

まず最初に、エンタルピーと似た用語にエントロピーがありますが、こちらは全くの別物。エンタルピーの語源はギリシア語で内部を表す(en)+を表す(thalp)。エントロピーは内部を表す(en)+変化を表す(trope)。本記事ではエンタルピーの解説を進めます。

エンタルピーの解釈

エンタルピーは直訳すると、内部の熱。また、エンタルピーは熱含量とも呼ばれています。内部という言葉が入っていますがエンタルピーは後述する内部エネルギーとは別物です。ここではざっくり気体が持つ「トータルの熱量とイメージしておきましょう。

熱力学第一法則

熱力学第一法則

image by Study-Z編集部

エネルギー収支を表す関係式です。気体に与えたエネルギー=内部エネルギー+気体が外にする仕事という形です(以下)。エネルギーが与えられたら内部に蓄える分外に還元する分とに分かれるわけです。

内部エネルギーとは?

内部エネルギーとは?

image by Study-Z編集部

気体分子が持つ力学的エネルギーのこと。具体的には運動エネルギーと位置エネルギーの総和です。運動エネルギーが大きいほど温度が高いので、内部エネルギーが大きい=温度が高いとイメージしましょう。ちなみに、位置エネルギーは分子間力によるもの。分子間に相互作用があれば位置によっての大きさが異なってくるのです。理想気体では分子間力を無視するため、内部エネルギーがそのまま運動エネルギーとなり、内部エネルギーは温度に比例します。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
R175