国語言葉の意味

【四字熟語】「抜苦与楽」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「抜苦与楽」について解説する。

端的に言えば抜苦与楽の意味は「苦しみを除いて安楽を与えること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「抜苦与楽」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「抜苦与楽」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「抜苦与楽」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「ばっくよらく」です。まずは意味をしっかりつかんでから、語源や使い方まで詳しく見ていきますよ。

「抜苦与楽」の意味は?

「抜苦与楽」には、次のような意味があります。最初に辞書での意味を確認してから、詳しい意味や転じた意味などについても見ていきましょう。

1.仏教でいう仏の慈悲のはたらき。仏・菩薩(ぼさつ)が衆生(しゅじょう・この世に生きるすべての生あるもの)の苦しみを取り除き、安楽を与えるということ。

出典:四字熟語辞典(学研)「抜苦与楽」

「抜苦」は苦しみを取り除くことであり、「悲」として衆生をあわれむという意味合いを表しています。「与楽」のほうは福楽を与えるということで、「慈」として衆生をいつくしむ心のことです。

「抜苦与楽」には、仏教の基本の考え方である「この世の中の苦しみを解除して、至福の境地に至ること」が込められた意味になっています。

「抜苦与楽」の語源は?

次に「抜苦与楽」の語源を確認しておきましょう。

「抜苦与楽」は、インドの僧である龍樹(りゅうじゅ)が著した『大智度論(だいちどろん)』に記述されています。『大智度論』は百巻にも及ぶ仏教の注釈書であり、五世紀始めに鳩摩羅什(くまらじゅう)によって漢訳されたものです。また、呼び方としては、内容をそのままに『摩訶般若波羅蜜経釈論(まかはんにゃはらみつきょうしゃくろん)』や『摩訶般若釈論(まかはんにゃしゃくろん)』とされることもありますよ。

そこには、「大慈与一切衆生楽、大悲抜一切衆生苦」とあり、慈悲とは衆生の苦しみを取り除き安楽を与えるというものだという表現です。

また、親鸞聖人(しんらんしょうにん)の浄土真宗での「抜苦与楽」は、釈尊が説いたことをもとに蓮如上人(れんにょしょうにん)が『御文章』で「三世の業障」と言われており、現在、過去、未来において苦しめるものは南無阿弥陀仏の一名を賜って名号を一念することにより苦悩から救われるとしています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810