英訳英語

【英語】「肝に銘じる」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「肝に銘じる」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「take ~ to heart」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC645点で、現役の英語講師であるライターLilygirlを呼んです。一緒に「肝に銘じる」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/Lillygirl

中学時代に苦手だった英語を克服した、現役英語講師。わかりやすい説明をモットーに英語の解説に励む。

「肝に銘じる」の意味と使い方は?

それでは、「肝に銘じる」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「肝に銘じる」の意味

「肝に銘じる」には、次のような意味があります。

1.強く心に留め、けっして忘れないようにすること。

出典:weblio辞典(実用日本語表現辞典)「肝に銘じる」

「肝に銘じる」の使い方・例文

次に「肝に銘じる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.過去の災害でえた教訓を肝に銘じて、いつも準備している。
2.この言葉を肝に銘じて、社会に出ても頑張ってくれ。
3.彼は父親の言葉を肝に銘じて、真面目に生きている。

\次のページで「「肝に銘じる」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: