国語言葉の意味

【慣用句】「辛酸をなめる」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターがわかりやすく解説!

この記事では「辛酸をなめる」について解説する。

端的に言えば辛酸をなめるの意味は「つらい経験をする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広告会社で経験を積み、文章の基本と言葉の使い方を知るライターのHataを呼んです。一緒に「辛酸をなめる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Hata

以前は広告会社に勤務しており、多くの企業の広告作成経験を持つ。相手に合わせた伝え方や言葉の使い方も学び、文章の作成や校正が得意。現在はその経験をいかし、ライターとして活動中。

「辛酸をなめる」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 59272939

それでは早速「辛酸(しんさん)をなめる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「辛酸をなめる」の意味は?

「辛酸をなめる」には、次のような意味があります。

苦しく、つらい目にあう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「辛酸を嘗める」

「辛酸(しんさん)」とは「辛い(からい)」と「酸っぱい(すっぱい)」が組み合わさった言葉。「からくすっぱいもの」を味わうと、つらくて大変な思いをしてしまうことに由来して、「辛酸」は「つらい目や苦しい思い」「さまざまな苦労」という意味で用いられるようになりました。

そして「なめる」とは漢字で「嘗める」と書き、ここでは「経験する」という意味です。

これらの語句が組み合わさり、「辛酸をなめる」とは“苦しい思いを経験する”という意味の慣用句になりました。

「辛酸をなめる」の使い方・例文

「辛酸をなめる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「辛酸をなめる」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: