国語言葉の意味

【慣用句】「弘法にも筆の誤り」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

決まりフレーズ「Homer sometimes nods.」

「弘法にも筆の誤り」のように、「どんな名人でも失敗することがある」という意味を表すことわざのようなフレーズが英語にも存在します。それが「Homer sometimes nods.」です。決まりフレーズとして、覚えてみてください。

日本語訳は、「ホーマーでも、たまには居眠りをする。」になります。これは、ギリシャの大詩人であっても、失敗することがあるという例えを表すフレーズになりますよ。

相手を励ます言葉

ことわざのような表現ではありませんが、相手を励ましたりフォローしたりする際には、以下のような表現が使えます。

1.Nobody is perfect.
「完璧な人はいないよ。」

2.Everybody makes mistakes.
「みんなミスをするよ。」

3.Human error.
「人間のミス」
→機械ならミスをしないが、人間ならミスもあるという意味。

ミスや失敗をした人に対して、「みんなミスはあるんだから、気にするな!」と励ますことができます。

こちらの表現の方が、ことわざ的なフレーズよりは、会話で取り入れやすいかもしれません。

「弘法にも筆の誤り」を使いこなそう

この記事では「弘法にも筆の誤り」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「弘法にも筆の誤り」と同じような意味を表す類義語はたくさんあります。ただ、ことわざによっては、「名人にしか使えないもの」や「誰にでも使えるもの」など、使える相手に違いがあるのです。ぜひ、細かい使われ方までチェックしてみてくださいね。

1 2 3
Share: