国語言葉の意味

【慣用句】「烏の行水」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「烏の行水」について解説する。

端的に言えば烏の行水の意味は「入浴時間が短い」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「烏の行水」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

要

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「烏の行水」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「烏の行水(からすのぎょうずい)」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。「烏(カラス)」という漢字は「鳥(トリ)」と似ていますが、全く異なります。間違えないように注意してくださいね。

それでは早速「烏の行水」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「烏の行水」の意味は?

「烏の行水」には、次のような意味があります。

1.入浴時間が短いことのたとえ。

出典:goo辞典「烏の行水」

1.たらいに湯や水を入れ、その中でからだを洗い流すこと。また、その湯や水。
2.潔斎 (けっさい) のため、水や湯でからだを清めること。

出典:goo辞典「行水」

「烏の行水」とは、お風呂に入っている時間が短いことを表す際の例えです。単に「入浴が早い」という意味だけでなく、『きちんと洗わずに終えてしまう』というマイナスの意味も持つケースもあります。使う際には、相手に悪い印象を与えすぎないように注意が必要です。

漢字がとても似ていますが、「烏(からす)」は鳥(とり)よりも1画少なくなっています。意味や読み方が全く違うので、よく確認してくださいね。

また、「行水(ぎょうずい)」という言葉には、お湯や水で体を清めると意味もあります。一方で、たらいに入れたお湯や水で体を洗うという意味もあるのです。簡単に言えば、お風呂や入浴のこと。昔はシャワーがなかったため、桶を使って体を洗っていたのです。もともとは体を清めるという仏教の用語ですが、普段にも使う表現になったと言われています。読み方は、「ぎょうすい」ではなく「ぎょうずい」です。間違えないように正しく覚えてくださいね。

「烏の行水」の語源は?

次に「烏の行水」の語源を確認しておきましょう。

語源となっているのは、どこに行っても見かける「カラス」です。カラスの習慣をもとにした表現になります。

カラスは日本だけでなく、世界中にいる鳥です。真っ黒の外見から「不吉」や「魔女の手先」などのマイナスのイメージを持たれることもあります。しかし、昔の神話にも登場する生き物で、神の使いとして考えられていたのです。また、とても知能が高く、人の顔を覚えたり言葉を真似したりすることも出来ると言われています。

カラスというと、ゴミを漁っているイメージを持つのではないでしょうか。あまり綺麗なイメージはありませんよね。しかし、カラスはとてもきれい好きで、水浴びを毎日行っています。水浴びによって、羽の汚れや寄生虫を落としているのです。ただ、その水浴びはとても短く、1~3分ほどで終わってしまいます。

水浴びはするけれど、とても短い時間から「烏の行水」と言われるようになったそうです。

「烏の行水」の使い方・例文

「烏の行水」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
要