国語言葉の意味

「息が詰まる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「息が詰まる」について解説する。

端的に言えば息が詰まるの意味は「緊張して息苦しい」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要呼んです。一緒に「息が詰まる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「息が詰まる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「息が詰まる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「息が詰まる」の意味は?

「息が詰まる(いきがつまる)」には、次のような意味があります。

1.呼吸が十分にできなくなる。
2.緊張しすぎて、息苦しくなる。

出典:goo辞典「息が詰まる」

「息が詰まる」には、2つの意味があります。

1つ目の意味は、慣用句というよりも体の状態を表す言葉として用いられる表現です。呼吸が十分に出来なかったり、息が出来なかったりする際に使われます。

2つ目の意味は、とても緊張していたり、場の雰囲気が重く感じたりして、精神的に”息苦しい”という状況を表す言葉になっているのです。「緊張」が原因となっているため、マイナスの意味で用いられている事が多くあります。しかし、マイナスの意味で用いられない場合もあるのです。その場合の意味としては、『適度な緊張をしていて、その緊張が良い効果をもたらす』という場合に使われます。

詳しくは、使い方で見ていきましょう。

「息が詰まる」の使い方・例文

「息が詰まる」の2つの意味による使い方を、例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.走りすぎて、息が詰まってしまった。
2.病気のせいで、時々息が詰まる。


3.上司といるとお説教ばかりなので、息が詰まってしまう。
4.先生が突然怒鳴ったため、私は息が詰まるかと思った。


5.決勝戦の試合は、息が詰まる思いで見てしまった。
6.予選とは思えない息が詰まる試合だった。

1と2の例文は、1つ目の意味である「呼吸が十分にできない」という意味で用いられています。体の状態を示す言葉なので、慣用句としての2つ目の意味とは異なりますよ。

3から6の例文は、2つ目の意味「緊張で息苦しい」という意味で用いられているものです。ただ、3と4の例文はマイナスの意味、5と6の例文はプラスの意味で使われています。

例えば、3と4の例文は「説教ばかりの上司」や「怒鳴った先生」など、その場の相手や雰囲気に対して緊張している様子です。そのため、呼吸がうまく出来ないほど、精神的な緊張によってストレスがある状況を表していますね。そのため、マイナスの意味で用いられている表現です。

一方、5と6の例文では、試合に対して緊張が高まっている様子を表しています。緊張の高まりという点では、3と4の例文と同じです。しかし、緊張によってストレスを感じているわけではなく、単に緊張の度合いがとても高いという意味だけを持ちます。そのため、マイナスの意味で用いられている訳ではないですね。

「息が詰まる」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「息が詰まる」の類義語には、以下のようなものが挙げられます。

「呼吸が十分にできない」という意味の類義語

1.呼吸ができない
2.息ができない
3.ピリピリした
4.呼吸が苦しい
5.息が荒い
6.呼吸が困難な
7.肩で息をする

「緊張によって息苦しい」という意味の類義語

1.緊張感漂う
2.居心地が悪い
3.ピリピリした
4.空気が張り詰める
5.居たたまれない
6.身の置き場がない
7.きまりが悪い

今回は、「緊張感漂う」について見ていきましょう。

「緊張感漂う」

「緊張感漂う」とは、「緊張している空間」という場の雰囲気を表しています。

\次のページで「「息が詰まる」の英訳は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: