理科

3分でわかる化学実験器具の使い方!メスシリンダー・上皿天秤・ガスバーナー・電子天秤を登録者数95万人人気講師がわかりやすく解説

この記事では「化学実験器具の使い方」について、登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」の授業をもとに記事にまとめたぞ。

動画にそって、4つの実験器具「メスシリンダー・上皿てんびん・ガスバーナー・電子てんびん」の使い方を確認しよう。ライターのオノヅカユウともに、動画の内容をわかりやすく解説していく。

ライター/小野塚ユウ

この記事の「とある男が授業をしてみた」×「ドラゴン桜」のコラボ記事執筆を担当。自身も大学での研究経験を活かし、現役講師として活動している。

登録者数95万人の人気講師YouTuber「とある男が授業をしてみた」とコラボ!

今回の記事は、人気講師YouTuberの再生回数14万回の授業をもとにまとめています。

また、こちらの動画の内容もふくまれています。

ほかにも中学生・高校生向けのわかりやすい授業が多いので、ぜひ見てくださいね。

メスシリンダーの使い方

メスシリンダーの使い方

image by Study-Z編集部

まずはメスシリンダーの使い方から学習しましょう。

メスシリンダーとは?

メスシリンダーは縦にめもりの入った細長い筒のような器具です。水など液体の体積をはかるときに使います。

ほとんどがガラス製ですが、たまにプラスチックでできているものも目にしますね。ガラスの実験器具を使う時には割らないように注意しましょう。

メスシリンダーの置き場所は?

メスシリンダーは「水平」なところにおいて使います。床に対して斜めになっているテーブルや、でこぼこした台で使うのはよくありません。

また、あまりテーブルのはじに置いたりしても危ないです。実験をするときには整理整頓された実験台のうえで行うようにしましょう。

目盛りの読み方は?

液体の体積を読みとるときには「真横」からみて、水面がどこにあるのかを確認しましょう。

\次のページで「物体の体積をはかる方法」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: